その道を進むだけの話なのです

お久しぶりです!

11月下旬から何気に仕事が忙しく、ブログが全く更新出来ない状況でした。

けれどもそんな忙しい最中、12月某日、いつものところにお伺いしてきました。

今回は飛行機を利用して伊丹入り。

マイル使ったので、Go To利用では無かったのだけれども、Go Toの影響なのか乗客は多め。

京都駅までのバスの出発時間まで30分程時間があったので、前々から気になっていた『ル・パン神戸北野 伊丹空港店』で朝食を食べることにした(早朝の飛行機移動の際には、飛行機の中 or コンビニで朝食調達して、バスの中で食すということをしているのだけれども、コロナ禍の人の多い密室状態の中で食事をすることのリスクが高すぎると思ったので、今回はこれらの行為は断念)

30分程、と言っても実質バスが伊丹空港を出発する時間までなので、食事に取れる時間は20分弱と踏んで、一番出てくるのが早いと思われるワインコインメニューを頼んだ。

パン3つにゆで卵、サラダ、コーヒーで¥500。これにソーセージ¥200を追加して、トータル¥700(税抜き)

ワインコインだということであまり期待していなかったのだけれども、ソーセージはもっちりしていて本格的、そしてパンが異様に美味しゅうございました。

20分弱の時間しか無かったので、掻っ込む様に食べてしまいましたが、本当はゆっくり味わいたかったというのが正直なところで(笑)

スポンサーリンク

そしていつもの所にお伺いした訳なのだけれども、会う人会う人に「東京大変でしょ?大丈夫?」と言われた。

私は幸いなことに在宅勤務推奨のところで勤務させていただいており、オフィスに行くのも月に1~2回程度&時差通勤がマストなので、東京が大変と言われても他の土地で起こっている出来事のように感じているのです、と説明すると、それなら大丈夫だねーと。

そしていろいろお話させて頂く中で、以前、こちらでお目にかかったお方から、あっちこっちの神様や仏様にお参りするよりも、ご縁があり、なおかつ呼ばれている神仏にだけお参りさせていただくべきだ、と言われたことを思い出した。

先週末またまた京都に行ってきた。 京都に行くまでは、行った事の無いお寺や神社にお伺いしたいな、と思っているのだけれども、実際に...

こういう恵まれた状況で仕事が出来るのも、このお方の助言に従い、いつもお伺いしているところの神仏だけに祈りを込め、足繁く通っていたからこそ護られているからだと、断言できる。

とんぼ返りで伊丹から羽田に戻る。

何故わざわざ東京から関西にお参りに行くか。

それだけの価値があるお方が、関西にいらっしゃるだけの話なのですよ。

これと決めたら、その道を進むだけの話なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.