呼ばれるということ~上野・不忍池弁天堂にお伺いしました

今週末は先日手に入れた梅原先生特集のユリイカ等を読む読書の時間にあてようと思って、特に予定は入れていなかった。

しかしながら今朝になって、上野にある不忍池弁天堂に行かなくてはならないような気がした。

けれども今の上野って丁度お花見のハイシーズンだよね?何でこんな時期に?と半信半疑で身支度を整えて、上野へと移動。

桜も満開で今週末が見頃ということもあり、JR上野駅公園口からしてごった返していて、人を掻き分けつつ上野恩賜公園に辿り着く。

確かに桜は美しかったのだけれども

ここ日本なのかしらん?と思える程、聞きなれない言語が飛び交っていることや、ちょっと歩くだけでも人とぶつかってしまうような混雑ぶりに、今日、上野に来たのって失敗だった、、、と後悔してしまった程だった。

おまけに不忍池弁天堂へ向かおうとしたら、弁天堂までの参道が渋滞している様を見て、後悔度数はMAXに達していた。。。

前回不忍池弁天堂にお伺いしたのは2016年の8月。

次に目指したのは、不忍池辯天堂。 お盆の時期だったということもあるけれど、それにしても人が多い?と思いながら歩いていたら、ほと...

この時は丁度ポケモンGoが流行っていて、ポケモンGo目当ての観光客が多かったのだけれども、前回よりも更に多い観光客の姿があり、弁天堂に辿り着くまで小刻みでしか移動できないもどかしさに苛立ってしまった。

観光客ばかりなので、手水で清める人の姿がレアという状況。

そしてようやく弁天堂に辿り着いた。

スポンサーリンク

不忍池弁天堂

前回お伺いした際にはいらっしゃらなかった宇賀神様のお姿もあり

お線香を焚向けてお参りさせていただいた。

この後の流れが、今回こちらに本当にお招きいただいたのだと実感する出来事だったのだけれども、個人情報等もあり、ブログに書く事は控えなければならないのだろう。

私がブログには書かないと決めたところとのご縁が、こちらにはあった、とだけ書いておく。

これってブログを書いている立場からすると、本当にもどかしいところでもあるのだけれども、やはり書いて良いことと書いてはいけないこともあるっていう訳でして。

しかしながら、その不思議さ加減に驚くと同時に、今日という、お参りするには避けたいような混雑ぶりが想像できる日に、こちらにお招きいただいたのだということは、やはり神仏のお導きだとしか思えなかった自分が居た。

そして大黒様にもお参りさせていただいた。

こちらに参拝後、せっかく上野まで来たのだから東京国立博物館で行われている東寺展を見ようと考えていた訳だけれども、気が付けばその時間は残されていなかった。

東寺展はまたの機会に、ということで、喧噪をさけるように根津駅方面へと向かい、帰路に着いた。

私はまだまだ祈りが足りないのかもしれない、と思いながら。

あなたの人生を変える 龍神さまの《ご利益》がわかる本
羽田 守快
大法輪閣
売り上げランキング: 171,750

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.