神魂神社に再びお伺いする

この日の午後は映画鑑賞をすると決めていた。

この日は『縁(えにし)The Bride of Izumo』の山陰地方先行上映公開日の初日だった。

山陰地方先行上映に伴い、主演の佐々木希さんらが舞台挨拶を公開初日に行うということを知って、東京に居る時に松江の映画館のチケットをネットで予約していたのだった。

当初の予定では、須我神社の参拝を午前中一杯当てていたのだけれども、奥宮に行く事は断念したので、14:15からの映画までは、時間がちと余っていた。

ちなみに『縁(えにし)The Bride of Izumo』は、出雲大社にお伺いする前に見ると、すごく楽しめる映画だと思います(これはまた別記事にしますね♡)

松江城観光でもしようかしらん?と思っていたけれども、松江駅に到着した時、八重垣神社行きのバスが到着したので、思わず飛び乗ってしまった。やっぱりもう一回神魂神社にお伺いしたいと思って(笑)

そしてバスに揺られて八重垣神社に到着する否や、レンタサイクルを借りて、はにわロードを疾走する。

再訪神魂神社

再訪神魂神社2

そして、再び神魂神社に到着した。

再訪神魂神社3

お天気が良かったのもあると思うけれども、到着した時に、とても綺麗な光が見えた。

再訪神魂神社4

うわーって思っていたら

再訪神魂神社5

再訪神魂神社6

どんどん光っていって、とても歓迎されているような気分になった。

こちらの石段は相変わらずの美しさ。

ほれぼれしてしまう。

再訪神魂神社7

再訪神魂神社8

そして手水で清めて

再訪神魂神社9

男坂を登る。

再訪神魂神社10

昨日は閉まっていた拝殿も開いていて、とても素晴らしいものを見させていただいたような気分になってしまった。

再訪神魂神社11

再訪神魂神社13

この日も御朱印を頂戴したくなり、社務所に向かう。

社務所には昨日挨拶して頂いた白髪のご婦人がいらっしゃった。

「昨日もお伺いしたのですが、もう一回お伺いしたくなって来ちゃいました」と伝えると、「そういう方、沢山いらっしゃいますよ」とのこと。

御朱印を書くのに時間がかかるので、お参りを先にどうぞ、ということだったので、境内にあるお社に再びお参りする。

本当に小さな神社なのだけれども、これだけ惹きつけられるのは何故なんだろう、と今更ながら思ってしまう。

けれども、ここには、人々が神に祈る形というものの原点があるような気がしてならないのだ。

再訪神魂神社12

境内にあるお社に再びお招きいただいたことに感謝して、お参りさせていただいた。

スポンサーリンク

そして社務所に戻ると、何やら参拝客と社務所の人とのやりとりが聞こえてきた。

「御朱印は御朱印帳を持っていない方には、お書きしておりません」と厳しい声。その対応を聞いた参拝客が「やっぱ御朱印帳持っていないとダメなのよー」と言いながら、すごすご社務所を後にする姿を見た。

社務所にいる方を見ると、さきほど御朱印をお願いした白髪の御婦人でなく、女性の神職の方がいらっしゃった。

私の御朱印帳が置いてあったので、御朱印帳をピックアップしようと思った時に、何故かこの人に聞いておかなければ、と思ったことがあったので、尋ねてみた。

それは社務所がいつも閉まっているということに関して。ネットなどではいつも社務所が閉まっていると書かれていますが?と尋ねると、神職の方は苦笑して、インターネットなどはいい加減なことしか書いてませんからね、と前置きして、大きな神社ならばいざ知らず、ここは小さな神社なので人手も限られている。なのでお祭りの準備などが入った際にはそちらを優先することとなるので、社務所はいつも開けることは、人力的に無理だれども、出来る限り社務所は開けるようにしているとおっしゃられた。

恐らく、インターネットなどで書かれている対応の厳しい神職の方というのは、この方なのだろうとは思ったけれど、おっしゃられている事は真っ当だし、聞けばちゃんと答えてくれるということに対して、私はとても好感を持った(聞いても全然答えてくれない神社というのもあるんですよ、、、伊勢の月●見宮とかねー笑)

こちらの神職の方にも、昨日来て良い神社だと思ったので、本日もお伺いさせていただきました、と伝えると、「良いお参りでした」という言葉をかけていただいた。

御朱印と共に、今回は神魂神社のお札も頂戴した(そうだ、お札頂戴した際にも「神棚はお持ちですか?」と聞かれた。私が神棚をもっていなかったら、どうなっていたのだろう、なーんて思っちゃったりしたのは秘密―笑)

そして神魂神社を後にして、再びはにわロードを自転車ぶっ飛ばし、八重垣神社に戻ってきた。八重垣神社には参拝する気になれなかったので、そのまま松江駅行きのバスに乗り込んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.