鞍馬山に行っていた(その1)~魔王の滝

突然だけれども、私はレイ●というものは、大嫌いである。

高額な料金を支払えば、お手軽なアチューメントとやらで、レイ●ティーチャーとやらになれるシステムにも疑問を持っているし、結局見えない世界で金儲けをしているのは、スピリチュアルと言えるのか?と常々思っている。

レイ●についてはブログには書けないこともイロイロ目にしてきているので、正直そのレイ●の発祥の地とされているところに行くのは嫌だった。

けれども、詳細は書けないけれども、まぁ行く事になってしまったんですけどね。

京都からは1時間位で行ける場所。

電車に乗って、鞍馬駅に降り立つ。

鞍馬1

鞍馬駅1

鞍馬駅2

駅を出たところに天狗。

鞍馬駅3

もっとおどろおどろしいところを想像していたので、ちょっと拍子抜けだった。

ここは、高尾山に似ていると、駅から少し歩いただけで感じた。

同じ空気感。

鞍馬山1

狛犬ならぬ狛虎さんたち。

鞍馬山3

鞍馬山4

仁王門

鞍馬山8

鞍馬山6

鞍馬山7

仁王門から振り返ると光が差してきた。

本当に高尾山に似た雰囲気だ、とちょっと不思議な気持ちになりつつ、山門入口で入山料(¥300)を支払った。そういえば、高尾山って入山料とかは徴取されないなぁ、と、ずっと高尾山とこの山を比べていた。

入ってすぐのところに、手水。

鞍馬山10

鞍馬山11

童形六体地蔵尊

鞍馬山12

鞍馬山13

そして普通にハイキングを楽しんでいる観光客の流れはケーブル山門駅へ。

普明殿・ケーブル山門駅

鞍馬山14

ケーブルカーに乗っちゃおうかしらん?と思ったけれど、こんな看板が。

鞍馬山15

ケーブルカーがあるのに、できるだけお歩き下さい、と書かれていた。

それじゃあ歩きますか、とテクテク山頂本殿まで歩いていくことにした。

鞍馬山16

放生池

鞍馬山17

鞍馬山18

歩いていると、なんとなく気になるものが至る所に溢れている不思議な参道。

鞍馬山19

鞍馬山20

吉鞍社

鞍馬山21

鞍馬山22

鞍馬山23

鞍馬山26

鳥居があったので、潜ってみたら、そこには魔王の滝が。

鞍馬山27

鞍馬山29

ちょっと歩いただけなのに、イキナリ魔王の滝かよ!とびっくりしてしまった。

水量が少ないのがちと気になったりしたけれど、、、

鞍馬山32

この龍は持ってますね。

鞍馬山31

鞍馬山34

スポンサーリンク

鬼一法眼社

鞍馬山35

鞍馬山36

と、鞍馬に来てから20分もたたないうちに、ワンダーゾーンに突入してしまったような気分になってしまった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.