御祭神は大己貴命様と少彦名命様~鞍馬山/由岐神社

魔王の滝から歩いて行くと由岐神社の看板が見えた。

由岐神社1

由岐神社(ゆきじんじゃ)は、京都市左京区鞍馬本町にある神社である。鞍馬寺の鎮守社である。通称靫明神(ゆきみょうじん)。
大己貴命と少彦名命を主祭神として「由岐大明神」と総称し、八所大明神を相殿に祀る。

祭神は元は宮中に祀られていたが、都で大地震・天慶の乱が起き、当時の天皇である朱雀天皇の勅により、天慶3年(940年)、鞍馬の地に遷宮をし、北方鎮護を仰せつかった。例祭の鞍馬の火祭は、そのときに里人がかがり火を持って神霊を迎えたことによるものである。

「靫明神」という社名は、天皇の病や国難時に神前に靫(ゆき)を献じて平穏を祈ったことによる。洛中の五条天神社は、国難時にその責任を取って「流罪に処す」として国の役人が神社の扉に靫を架けて閉じるということが行われていたが、『徒然草』によれば由岐神社でも同様のことが行われていたという。由岐神社と五條天神宮は祭神が同じである。

Wiki より引用

由岐神社2

水と火を感じながら、歩みを進める。

由岐神社3

由岐神社4

手水舎

由岐神社5

由岐神社6

御祭神は大己貴命様と少彦名命様。

由岐神社7

由岐神社8

由岐神社9

見事な建築にしばし目を奪われる。

そして石段を登って行くと途中にあるのがこちら。

大杉社

由岐神社10

由岐神社11

由岐神社12

写真で見るとこの迫力が伝わらないかもしれないけれど、何故だかここでしばらく動けなくなった。

スポンサーリンク

本殿

由岐神社13

本殿の狛犬さんたちにもご挨拶する。こちらの狛犬さん達には子授けのご利益があるそうで、その歴史を刻まれた狛犬さんたちを見ていたら、多くの人々の願いを受け止めていたのだろうと思わずにはいられなかった。

由岐神社17

由岐神社18

そして、こちらにお招き頂いたことに感謝して、参拝させていただいた。

その後、社務所に行って御朱印を頂戴した(今日は書置きのものになってしまいますけど、と言われたけれど)

御神水

由岐神社14

由岐神社15

三宝荒神社

由岐神社16

この神社も不思議なところだなぁ、と思いつつ、再び山頂本殿に向かって歩き始めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.