全ては縁次第@信貴山朝護孫子寺・空鉢護法堂

霊宝館を後にして向かうは空鉢護法堂。

本来ならば空鉢堂にお参りする際にはとある場所でお水を汲んで持参しなければならなかったようなのだけれども、初見の私にそんな知識は無く

空鉢護法堂へと続く参道を歩く。

徒歩20分程度ということで軽い気持ちで歩いていたのだけれども、ずっと階段を登っている状態なので結構辛く

こちらの信者さんは凄いなぁという畏敬の念を持たずにいられなかった程だった。

そしてなんとか空鉢護法堂に到着した。

スポンサーリンク

空鉢護法堂は巳の姿(竜神、難陀竜王)で出現される空鉢護法の神をお祀りしているということもあってか、空鉢護法堂に到着した時に物凄い風が吹いてきた。

それこそ龍の存在を感じさせるような、物凄い風。

恐らくこちらにお伺いするのが今私が信奉しているお方よりも前であったのならば、こちらに通っていたのではないかと思われる程、私好みの場所であり

だからこそ、こちらについては詳細に記述しない方が良いかと思われ。

御鎮座されている神々に、今回このような素晴らしい場所にお招きいただいたことに感謝してお参りさせていただいた。

どこに縁があるのかは、全てタイミング。

こちらにもお参りすればいいじゃん、と思ったりする人も居るかもしれないけれども、やはりそれは私には出来ない訳で、ただこういった素晴らしいところがあるということを知れただけでも、自分の中の経験値が豊かになったことを感じられた。

ご縁があればまたお伺いすることもあるのでしょう。

全てはご縁次第なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.