念念勿生疑@信貴山千手院

赤門を潜り抜け、何処を目指せば良いものか分からぬまま、人の流れに従い辿りついたのは千手院さんだった。

こちらは商売繁盛・家内安全なら「護摩の毘沙門さん」へ、ということと、日本で唯一銭亀善神さまが奉安されているということで有名なところだった。

まずはこちらの毘沙門天様にこちらにお招きいただいたことに感謝してお参りさせていただく。

しかしこちらでお参りする人の姿はまばらで、はて?と思いながら歩みを進めると、虎の口を模った入口が見えたので、そのまま歩いていくと

銭亀善神様のところに辿り着いた。

こちらに来るまで知らなかったのだけれども、金運アップの神様として有名なところだということで、参拝客が途切れることはなかった。

こちらでのお参り作法は千手院さんのyoutubeなどをご参照いただきたいのですが(写真撮影もNGなので)皆様それはそれは熱心にお参りしていた姿が印象的だった。

私も今回こちらにお伺いしたのも何かの縁だと思い、銭亀さんのお守りと壱億円札は頂戴したのだけれども、壱億円札の裏側に書かれていたことを実行すれば、そりゃお金持ちになれるよねと納得するしかないのでして。

スポンサーリンク

信貴山にお参りさせていただいた後に、信貴山のことが知りたくて千手院さん発行の『一目でわかる毘沙門信仰の手引き』という本を購入した。

その中に銭亀善神さまについて書かれているものがあって

銭亀善神を信仰して金まわりが良くなったという御利益の体験を、お手紙やお電話で、あるいは再び三たび御礼参りに来院され実話を聞かせて頂いています。

御利益を頂こうとお考えの方は、お参りの後、銭亀さんのお守り(銭亀守り)と壱億円札を受けて財布の中へ入れてお帰りください。必ず金まわりが良くなります。

と言いましても、決して無一文から大金持になるとか、事業に大成功するとかを保証できるわけではございません。

御利益を得るためには、それなりの努力と信仰が大切です。

何にもまして、運(強運)を頂かなければなりません。その強運を頂く最大の鍵こそが、信仰なのです。

~『一目でわかる毘沙門信仰の手引き』より引用

観音経にも念念勿生疑という言葉がある。

神様・仏様を信じ、願ったのならば疑うことなかれ、と。

それには最初から分不相応なものを望むのではなく、今ある幸せで心の充足感を得る事が大事で、そこから小さなことでも自分が望む方向に進む様にコツコツと頑張っていけば、その時には神仏から御利益がいただけるのではないかと、こちらに参拝して感じた次第でございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.