北口本宮冨士浅間神社に行ってきた~その4

北口本宮冨士浅間神社境内に再び戻ると、神変大菩薩碑というものが目に入った。

神変大菩薩碑

北口本宮冨士浅間神社82

前鬼・後鬼を従えていなかったので、由緒書きを見るまでは神変大菩薩(役行者)ということに気付かなかった。

北口本宮冨士浅間神社81

うーん修験道だねぇと思いつつ、境内を再び散策し始める。

三神社

北口本宮冨士浅間神社84

風神社

北口本宮冨士浅間神社86

北口本宮冨士浅間神社87

そしてこちら一帯で目立つ大きなお社に近づく。

北口本宮冨士浅間神社88

北口本宮冨士浅間神社90

諏訪神社

北口本宮冨士浅間神社89

北口本宮冨士浅間神社91

古くからの産土神様ということで

この神社が鎮座する森は‘諏訪の森’と呼ばれ、かつてこのあたりは諏訪神社の神域でした。今でも北口本宮冨士浅間神社境内の一角には諏訪神社がひっそりと鎮座しています。

この地が記録の中に出てくるのは、文明12年(1480)で「富士山吉田取井立」つまり「富士山の麓の吉田に鳥居が建ちました」というのが最初で、この時にはまだ諏訪神社や浅間神社といった神社の名前は出てきませんが、この場所が、鳥居が建つような信仰拠点であったことは間違いありません。その後、明応3年(1494)の記録には「吉田取訪大明神」という記述が見られ、この時期には諏訪神社が鎮座していたと考えられます。

山梨県埋蔵文化財センター HPより引用

スポンサーリンク

北口本宮冨士浅間神社92

北口本宮冨士浅間神社93

そして二つのお社が。

北口本宮冨士浅間神社94

下諏訪社

北口本宮冨士浅間神社95

子安社

北口本宮冨士浅間神社96

北口本宮冨士浅間神社97

境内には燦々と光が降り注ぎ、そこには神様の力を信じざるを得ない力が働いているような気分になった。

北口本宮冨士浅間神社98

夫婦桧

北口本宮冨士浅間神社100

北口本宮冨士浅間神社101

参拝を終えたので、御朱印を頂戴して、気になったお守りを頂戴する。

大鳥居を後にすると、お稲荷さんが鎮座していた。

稲荷社

北口本宮冨士浅間神社102

当初の予定としては、1時間程度の参拝時間を見込んでいたのだけれども、ついゆっくり参拝していたら2時間以上経過していたので、慌てて次に行きたいと思っていた神社へと向かった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.