厄除開運人生

最近堅苦しい本ばかり読んでいたので、気分転換に辛酸なめ子さんの『厄除開運人生』という本を読む。本気のようで、本気でない、力の抜けた感じが好きだなぁ、なめ子さん(笑)

厄除け行事体験や、女子力アップで厄除け、全国のパワースポットに赴き、運気があがるアイテムやら、体内浄化で厄払いって、世の中にはこんなにも厄払いグッズや体験が溢れているものなのかと、半ばあきれるくらいあるものなんですねー。

スポンサーリンク


目次だけをざっと見ても

第一章 厄除け行事体験記
厄払い体験
火渡り体験
豆まき体験
満月パワーで金運UP体験

第二章 女子力UPで厄除け
開運ヘアメイク
ラッキーネイル
厄年出産
強運の女に学ぶ

第三章 日本全国パワースポット津々浦々
都内の穴場パワースポット探検
神話の国「出雲」
真言密教の聖地「高野山」
健康と長寿の島「沖縄」
著名人のパワーを頂く「墓マイラー」
干支の力を感じる場所「干支神社」
ロイヤルパワースポット「皇居」

第四章 スピリチュアルの基礎知識を学ぶ
吉方位と凶方位
カバラ式「誕生数秘学」
不動明王 Q&A
陰陽道

第五章 運気があがる開運アイテム
パワーストーン
厄除けお守り
開運バッグ
富士山写真

第六章 体内浄化で厄払い
粗食で体内スッキリ
運気上昇ごはんでエネルギーUP
舌診で体と心の健康を診断
瞑想で頭をからっぽに
笑いヨガで多幸感トリップ …等々

数が多すぎて、くらくらしそうです。

これを全部回っているなめ子さんも強者と見ました(笑)

なめ子さんは『【保存版】いちどは行ってみたい日本の聖地』というムック本でも「神社はエステとかスパで、お寺は病院という感じ」と分かるような、分からないような事を書いていらっしゃいます。

ちなみに私にとっては神社は父で、お寺は母のような感じです。父(神社=神様)は厳しいけれど、母(お寺=仏様)は優しい雰囲気を感じます。なので神社行く時は結構緊張するのです、毎度毎度。たまに行くお寺で癒しを感じるのはそのせいなのかも知れない(爆)

こんなところあるのか?と思ったのはエネルギーがアップするレストランという「湯島食堂」。なめ子さんの本には運が落ちている人や邪気が強い人は、予定が急変したり道に迷ったりしてどうしても湯島食堂にたどり着けないそうです、との記載があったけれど、これってどこかで聞いたフレーズだなぁと(←天○弁財天とか?)まぁ自分にとって美味しいものが食べられれば、エネルギーはどこでもアップしますよ、とだけ言っておきます(笑)

哲学チックで真面目なスピリチュアル系の本を読むのも良いけれど、たまにはおちゃらけたカンジのスピリチュアルな本も良いんではないでしょうか?

厄除開運人生

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.