皆様の願いが叶いますように~7月の赤福の朔日餅・竹流しをゲットした

次に向かった先は、赤福本店。

朝食を食べていなかったので、ちょっとお腹を満たそうと赤福でイートインすることにした。

赤福

朝9時前だったのに、ほとんど人が居なかった。

朔日だといつも朔日餅を求める人々の行列がお馴染みの光景だったので、これまたびっくりしつつ。。。

店内に入ると、まだ朔日餅が販売されていたので、私は予約もせずに、しかも行列にも並ばずに購入出来てしまった。赤福は店員さんの接客が素晴らしいですよね。心が和みました♡

朔日餅も購入したので、普通に赤福を食べようかな?とも思ったけれども、せっかくなので、朔日餅をいただいた。

赤福朔日餅7月

スポンサーリンク

7月の朔日餅は「竹流し」

夏至も過ぎ、猛暑の七月。よく冷えた水ようかんの口あたりはまた格別です。
むかしは、夏祭や縁日でよくみかけたものです。青竹を口にしたなつかしい思い出がある方もおみえと存じます。
七月の朔日餅は、赤福の餡で特製した水ようかんを青竹に流し込み、笹の葉でふたをして、名づけて「竹流し」。よく冷やしてお召し上がりください。自然の涼味をお楽しみいただけます。

赤福HPより引用

赤福の朔日餅、7月だけは、お餅ではなくて、水ようかんということで、珍しさも相まって競争率も激しいんですよーと、バスツアーの添乗員さんは言っていたけれども、何の苦労も無く購入出来てしまったことに、正直驚きを隠せなかった。。。

竹に入ったようかんなので、付属のきりで竹の底の部分に2-3箇所穴をあけて、軽く叩いて出して食べるという代物。こういう風に食べることって、一種のエンターテイメント的でとても楽しかった。

味は甘さ控えめでとても美味しかった。

そして、朔日餅を購入したということで、短冊もいただいた。

伊勢みやげ14

皆様の願いが叶いますように、と書かれた短冊。

なんだか、とっても暖かいものを感じた。

七夕にはこれに願いを書いて、飾ろうと思った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.