おいしいもの~ルネサンスごはんを作ってみました

今日はお昼にルネサンスごはんを作ってみました。

ルネサンスごはんとは、パティシエである弓田亨さんが提唱している「ごはんとおかずのルネサンスプロジェクト」の基本のごはんの事。なにやらこのごはん、健康にも良いらしく
ものは試しと、この「ルネサンスごはん」にチャレンジ。

スポンサーリンク

まずは材料。お米やらタイ米やら刻みアーモンドやらを買ってきて
DSCF4546

米は洗わずに、これらをひたひたの水(分量外)を入れてよく混ぜ、3~4時間浸けておく、ということで、ホントにお米洗わなくていいのかしらん?と思いつつ。

万が一失敗したら嫌だなぁと思い、

  • お米1合
  • タイ米1合
  • いりこ2g
  • オリーブオイル10g

と、レシピに示されている3分の2の量で作ってみることに。

いりこの絵面が可愛くない(爆)

DSCF4547

3時間程経過したので、水を(分量外)を2合の目盛りまで足し、

  • 岩塩 2g
  • 昆布 1g
  • 刻みアーモンド 10g

を加え、軽く混ぜてから炊きます。

水やらを加えたら、絵面がもっとすごいことに(爆)

DSCF4548

炊飯ジャーのスイッチを押して、炊き上がるまでしばし待つ。炊飯ジャーからすごく良い香りが漂ってくる。これはタイ米の香りなのかしらん?

そして炊き上がって15分蒸らしたら、しゃもじでご飯を切るようによく混ぜ、ベチャッとした舌ざわりにならないよう、米の表面から水分を十分に飛ばして、もう一度「炊飯」のスイッチを入れ、5分おき、ご飯をおいしい温度に温める、ということで、出来たのがこちら。

DSCF4549

そしてこのご飯とお味噌汁と簡単なおかず(かぼちゃの煮物等)で今日のランチを済ませた。ルネサンスごはんを作りました!という方のブログを拝見していたら、「このご飯とお味噌汁だけで十分」という意見も多かったので、本当かしらん?と思っていたけれど、その通りに、とても満足感のある食事だった。お腹がいっぱい!という訳ではないのに、身体は満足しているので、食後に甘い物が食べたくなったりしなかったのが不思議だった。

一度、ちゃんと弓田さんの書かれている本を読んでみようと思った。

ごはんとおかずのルネサンス 心嬉しい炊き込みご飯と味噌汁編 (ごはんとおかずのルネサンスプロジェクト)
弓田亨 椎名眞知子
イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ企画
売り上げランキング: 320,266
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.