Youは何しに日本へ?的な人々が集うゲストハウスに泊まってみた

東大寺から本日の宿泊先であるゲストハウスに歩いて戻る。

DSCF3879

興福寺境内を通り抜け

DSCF3880

DSCF3881 DSCF3882

奈良駅近くのお店で晩御飯を食べた後、猿沢池を横目に見て

DSCF3883

奈良ホテル近道という看板があるので、その道を行くとゲストハウスたむらさんに到着。

DSCF3885

スポンサーリンク

こちらのゲストハウスはTrip Advisorなどをご覧頂くと分かるのですが、高評価のゲストハウスで、外国人のお客さんが多いところです。

私が宿泊した3日間で、日本人の方を見かけたのは初日のみ。後の2日間は私以外外国人のみ(爆)ということで、奈良に居るのだけれども、ゲストハウスに居る間は外国に居る気分に浸れましたよ(笑)オーナーの方にお伺いしたら、丁度イースターホリディと重なっているので、外国からのお客さんが多いということ。通常は日本人と外国人半々位ということです。

部屋に行くとアジア系の女子が一人居た。日本語で「こんにちは」と言うと、首をブンブン振って日本人じゃないです!アピール。今回ドミトリーという一部屋に三つベッドがある相部屋なので、ベッドはどこを使えば良いのかな?と思い、英語で「どのベッド使うの?」とアジア系女子に聞いたら、これまた首をブンブン振られた。「英語話せますか?」と聞いたら「話せない」と言うので、ベッド、どれ使う?と身振り手振りで交渉して、自分のベッドの場所確保(笑)

ゲストハウスのHPを見ていた時に、近所に銭湯があるというので、せっかくなので銭湯体験したいと思い、着替えを準備してオーナーから銭湯の場所を聞いて、お風呂セットも借りて、ならまちにある銭湯まで行った。

超レトロな銭湯で、こういう銭湯があるというのもすごいなぁと思いつつ、大きな湯船で疲れを癒した。

DSCF3884

ゲストハウスに戻ると、メインルーム(お茶などが自由に飲める場所)に白人の男性が居た。メインルームでビールも飲めるという事なので、¥250支払いビールをオーダー(笑)ビールを飲みつつ、なんとなくその白人男性と話す。ドイツ人のビジネスマンで、仕事で日本に来て、3日間休暇を取り、東京を観光してきたので、あとは奈良と京都を観光するという事だった。

東京はスカイツリーより六本木ヒルズの方が良かったと言っていた(両方とも私には恐ろしい場所だけれど、それはあえて言わずー笑)あと明治神宮はサンクチュアリスポットで、境内に入った途端、周りの雑音が一切遮断されたように感じた、と言っていた。それ日本だと「パワースポット」って言うんですよ、と教えたら、まさしくその通りだよ!と。

でも東京って観光して楽しいのかな?渋谷のスクランブル交差点に行くと、いつも外国人が写真を撮っていて、良く分からないんですよね、って聞いたら、渋谷のスクランブル交差点はロンリープラネットに観光名所として載っていると教えてくれた。

そしてお互いの仕事の話をする内に、日本って女性は若い子しかオフィスで働いていないよね、と言われた。朝の通勤電車も40代~50代の女性が乗っている姿をほとんど見かけないし、40代~50代の女性が働いている姿を見るのは、お店の店員さんなどサービス業ばかりなのが不思議だと言っていた。例えば秘書にしてもキャリアがあるような40代~50代の女性はほとんど見ない、秘書っていうのはキャリアがある女性がやるべきだと思うのに、日本と韓国は若い女性が秘書をやっているイメージしかないと言っていた(←韓国にも出張することがあるという事で)もうexactlyと言うしかなかった。

私はTVはあまり見ないけれど、たまに『Youは何しに日本へ?』という番組を見る事がある。その番組に出る人々の、自由きままに旅を楽しんでいる感じを見るのが好きだから。実際に『Youは何しに日本へ?』に出てきそうな人たちが沢山泊まっていたゲストハウス。そこにはフランス人やドイツ人、中国人やら、人種って何?って思う位、いろいろな人たちが泊まっていた。ゲストハウスに宿泊しなかったら、こういう話も出来なかったし、経験として面白かった。

21時も過ぎてしまったので、メインルームを離れて部屋に戻って明日の準備をして就寝。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.