kindle paperwhiteをおススメします

small__8234574069
会社員だったころ、通勤時間は音楽と読書に費やしていました。 読みたい本が文庫本になっていない場合、ハードカバーの本で読んでいたのだけれど、とても大変でした。
満員電車で、ハードカバーの本を広げるには、スペースが必要だし、本の角が、周りの皆様にぶつかったりしないように、気を配りながら読むのも辛かったけれど、重さも結構こたえた。ハードカバーの本って何であんなに重いんでしょうね~。
photo credit: Pavel P. via photopin cc

そこで考えたのが電子書籍。
I PhoneとかI padとかでも読めるのは知っていたけれど、私はスマートフォンは電磁波が怖いので未だに使用しておらず、ガラケーなので(笑)、kindle paperwhiteを入手してみたという訳で。

スポンサーリンク

kindle paperwhiteは液晶ディスプレイと違って、目に優しいので読んでても疲れないし、外出する際に、「今日は何の本を持って行こう?」と悩むことなく、kindle paperwhiteだけ持っていけば良いという事も、貴重な時間を無駄にしない事に役立ってました。

今までは無料でダウンロード出来る書籍などを楽しんでいたけれど、昨日、電子書籍というものの、底力を知ったのでした。はてなブックマークをチェックしていたら、『東大家庭教師が教える 頭が良くなる思考法 』という本が勧められていて、

悩みや不安を取り除き、本当に欲しい物や心の底から望んでいる結果を手に入れる(= 幸せになる)には、ノウハウが必要で 本書はそのノウハウを教えてくれるものです。

と書かれていたのを見て、何となく読みたくなってしまい、アマゾンでチェックしたら、本自体は2~4週間待たないと入荷されないとのことだったけれど、Kindle版ならば、本より400円近くも安かったので、ポチっと購入してみた。

と、さっきまで読みたかった本が、クリック一つで手持ちのKindleの中に既にあるというのは、ある種マジックにも似たような感覚を覚えたのでした。

あと、
図書館で借りた本や、中古で購入した本って、今までの持ち主や借りた方の念が入ってる場合もあるので、いつも注意していたのですが、電子書籍だとそういう心配もないので安心です(笑)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.