伊勢神宮で10月15日に行われる「神嘗祭奉祝・初穂曳」に特別神領民として参加する方法

medium_2027652439
photo credit: ~MVI~ (warped) via photopin cc

伊勢神宮の式年遷宮に寄付するか、若しくは伊勢神宮崇敬会という会に入会すれば、内宮と外宮の御垣内参拝が出来るのだけれど、意外に知らない人が多いので、伊勢神宮に行って御垣内参拝をした後に「どうやってあの中に入るんですか?」と聞かれることが多い。

私は式年遷宮に寄付をしたので、御垣内参拝が出来る参宮章を頂戴したけれども、お伊勢さんが大好きならば、本当は伊勢神宮崇敬会に入会した方が、良いのでしょうね。(←伊勢に毎月のように行っていた時は、真面目に入会しちゃおうかしら、と毎度悩んでいた)

例えば、毎年10月15日に行われる「神嘗祭奉祝 初穂曳」

神宮の神嘗祭にあわせて、その年に収穫された初穂をお木曳車にのせて、伊勢市民が両宮へ奉納する行事です。会員の皆様は「特別神領民」として外宮の初穂曳にご参加いただけます。
伊勢神宮崇敬会HP より引用

こちらの行事に、伊勢神宮崇敬会の会員は特別神領民として、外宮の初穂曳に参加できるのですよ。私も白い服に身を包んで、この行事に参加してみたいものだ、といつも思っていたけれど、なんとなくハードルが高いような気がして、未だに実行できずじまい。。。

けれども、クラブツーリズムのHPをチェックしていたら、特別神領民として、外宮の初穂曳に参加できると言うツアーを発見してしまい、とってもびっくりしてしまったのでした。

スポンサーリンク

【1泊プラン】特別参加 伊勢神宮「神嘗奉祝祭」と祭のまつり 伊勢神宮両参りと内宮「神楽殿祈祷」体験 弊社Aランクの宿で温泉露天風呂やバイキングの夕食も 2日間(コース番号:29120-923)

medium_4641736197
photo credit: ajari via photopin cc

◆◆◆特別参加 全国津々浦々のお祭が一堂に会する 神嘗奉祝祭◆◆◆
~全国の有名な祭がこの日、伊勢への熱い思いを胸に奉納のため集結します~
全国の祭が一度に見られるのはこの日だけ!!

【1日目】
◇伊勢神宮 内宮・・・神楽殿祈祷付き
◇朝熊岳金剛證寺・・・奥の院を参拝
◇弊社Aランクの温泉宿に宿泊。夕食はバイキングをご用意
【2日目】
◇伊勢神宮 外宮
☆特別神領民となり初穂曳に参加します
☆神嘗奉祝祭・・・全国の祭が見られる「祭のまつり」を見学します★

<服装・持ち物>
①ハッピの下に着るTシャツまたはトレーナー
②白ズボン(綿パン、トレーニングパンツなど)
③白足袋または白い靴
(①②は、白色限定 ※ベージュなどの色は不可)
(③は、ワンポイントやラインが入っているものは可)
④白米1合程度
(奉納するためのお米です。自宅のお米をお持ちください)

クラブツーリズム HPより引用

旅行代金は¥39,800~と東京から普通に伊勢に行く値段とあまり変わりはない。
けれども、このツアーは新幹線(こだま)利用で食事代も込だし、現地の移動の交通費もかからない。ホテルも良さげなホテルだし(ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩またはホテル志摩スペイン村)、バスの本数も少ない金剛證寺にも行けちゃう。

なにより、ツアーに参加するだけで特別神領民となり初穂曳に参加出来ちゃうって言うのがすごいなぁ、と思ってしまったのでした。

こんな手もあったんですね~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.