【その2】浄化・浄化・浄化 May 1,2013

結局宿坊に着いたのは15:00過ぎ。
今回は成福院さんに
3日間お世話になることにした。
初めての高野山で、無事宿坊に辿り着けるのかしらん?と心配していたけれど
蓮華谷(れんげだに)というバス停の目の前のお寺だったので
難なく辿り着けた。

カンジの良いお坊さんが対応して下さって
お風呂すぐに入れます、とおっしゃって下さったので
お風呂を入った。その名も「善女の湯」!
一人貸切状態だったので、ゆっくりと入れた。

お部屋は初日と二日目は一番安い¥10,000(朝・夕2食付)のお部屋だったけど
こちらはインターネットで予約すると1割引という太っ腹なサービスを
行っているところなので、実質\9,000。
最終日だけお安い部屋が一杯だったので、一番高い\14,000のお部屋にしたけれど
安い部屋と言っても、お庭があんまり見えないくらいで
特に不便に感じることも無かった。
高野山宿坊1

高野山宿坊2

スポンサーリンク

お部屋に置いてあったお茶菓子とお茶を頂き、しばらくしたら
夕食が部屋に運ばれてきた。
見事なまでに精進料理。
宿坊夕飯

朝もおかゆで昼もカレーうどんという、消化の良いものばかりだったので
ペロリと食すも、まだお腹が一杯という感覚にはならなかった。。。
昼間桜井で時間があったのは、ちゃんとお昼食べておけということだったのね
と今更ながらに気付き(カレーうどんみたいなものではなく
しっかりご飯たべておけって事だったのね、と、、、)

食事が済んで、洗面所で歯を磨いていたら
「写経は明日の朝食後、阿字観(あじかん)は
明日の夕食後でいかがでしょうか?」とお坊さんがわざわざ
確認しに来てくれた。
(予約時に希望を入れていた)
午前中に時間をとられるのはちょっと、と思い
写経はパスさせていただき、阿字観だけお願いした。

宿坊内に置いてあったちらしに、5月3日に「いのちを観じる」という
イベントがあると知ったので、予約を入れておき
5月3日に結縁灌頂も体験したかったので、どう参加するかを
ちらし類で調べておいた(Webで見てもよく分からなかったのでー爆)

高野山に居る間はお酒を飲まないと決めていたので
白湯を飲みながらしばし考えようとしていたけれど、猛烈な眠気に襲われてきた。
いわゆるパワースポットに行った際に必ず起こる事なので、抵抗せずにそのまま就寝。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.