やる気に火をつける~『ブチ抜く力』を読みました

本日はヘアメンテでいつもの美容室。

担当の美容師さんと話すと何時も不思議話や人生相談のようなものになってしまうのは、この人がそういう人なのだろう、と思いつつ、今回も生霊の話やパワースポットの話とか日曜の昼時とは思えない話をしていた(ブログには書けない具体例がこれまたなんとも、、、)

けれども、この人は現実を生きている人なので、ビジネス関連の話もちゃんと出来る人だったりする。

今日は起業について話していたのだけれども、彼曰く、会社員の副業ってずるいですよね?、って。副業って本業も副業も両方ともキチンと本腰を入れていないような格好になるじゃないですか?と。

この言葉を聞いて、今の自分にはとても耳が痛く、やりたいことがあるのならば、生活の糧を得ているつまらないと思っている仕事を捨てて、自分がやりたいと思っていること、それに全てを賭ける時期に来ているのだろうと思いながら、美容室を後にした。

スポンサーリンク

美容室の後に、Twitterで話題になっていた本を手に入れようと本屋さんに向かい、その本を手に取った訳だけれども、手に持った瞬間スカスカなカンジがして、購入するのを止めた(こういう感覚って自分にとっては大事なので、この感覚には素直に従うことにしている)

そして一冊の本が目に入った。

ブチ抜く力』という本。

ブチ抜く力

この本の著者の与沢翼さんには、はっきり言って良い印象を持ってはいなかった。

しかしながら、何故かこの本を購入しなくてはと思いレジへと向かっている自分が居た。

家に戻り、半信半疑ながらもページをめくると、その中には今の自分に必要なメッセージと思えるものが散りばめられていた。

それよりも、自分が選んだという事自体に意味があります。自分が選んだということは自分の人生の経験と何らかの関係性がある方法論なのです。前提を理解しない全く別人格の他人のアドバイスい従うよりも、科学的にアホなやり方であったとしても自分が選んだというその意志にこそ価値があるのです。

つまりは、方法論云々よりも自分が選んだものを自分で実行したという事自体が、その後の人生を飛躍的に成長させていく事になっていきます。なぜなら自分の意志に基づく失敗ならば、その後、大きな教訓となって一生忘れられない知恵に昇華させるからです。

ですから、失敗を恐れずに自分で方法を決めて、試すことが大切です。安易に他人のアドバイスに従い失敗しても、その他人を恨むか信頼できなくなるくらいで、得られるものなど皆無、時間の無駄です。

さらに何よりも言いたいのは、他人を頼らない事。自分で調べ、自分で決断し、自分で実行するのが当たり前という環境に身を置く必要があるのです。群れない一匹狼になれば、強制的に誰かを頼る事はできなくなるため、自然と思考力、決断力、実行力、いずれも強く逞しくなっていきます。

「自分は頭が悪い」とか「才能がない」と言って悲観する必要はありません。むしろ、それらの自己不信が自分の思考を停止させ、行動を委縮させる元凶であると、きちんと意識して欲しいと思います。

人間は先を見なくなった瞬間、現状に甘んじて、そこから得られる果実を食べつくし、どんどん衰退し、そのまま終わっていってしまいます。

周囲に流されて今だけを生きていると、明日の自分にとって楽な選択をするし、来月の自分にとって楽な選択をしてしまうもの。進歩しないならば、年を取る分、日々退化しているのと変わらないのです。

だからこそ、他人の言葉を簡単に鵜呑みにしてはいけないのです。いかに有名人や結果を出している人の言葉であっても、自分でその考えを反芻せず、決断を下したならば、それは「あなたの決断」です。他人に責任転嫁するのはお門違いです。何も考えず誰かに追随すればあなたに学びはなく、再現できる持続的な成功は訪れないでしょう。

もしあなたが今、人生に空虚な気持ちを抱いているのであれば、まずはあなたが生涯をかけて作り続けたいと思えるような”作品”を持って下さい。

自分で「これが作品だ」と思えるものを作り始め、持続的にそれを成長させられれば、その過程で必ずやりがいや幸せを感じる事ができるようになります。

ちょっとピックアップしただけでも、これだけの珠玉の言葉の数々に、久々にモチベーションの高まりを感じた。

現時点ではAmazonでもすぐに入手出来ないというこの本を、たまたま手に入れられたということも必然なのだろうか?と思いつつ、自分の意識は次のステップへと向かう気持ちで一杯になった。

ブチ抜く力

ブチ抜く力

posted with amazlet at 19.03.03
与沢翼
扶桑社 (2019-03-02)
売り上げランキング: 4
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.