にほんばし島根館で、超おいしいお米と噂の隠岐藻塩米を買ってみた

PAK25_natunotanbotoine500

奈良まほろば館を後にして、数十メートル先のにほんばし島根館へ。

ここでも土日限定入荷という言葉に惹かれて、かりんとう饅頭を買ってしまった(爆)

島根 鶏卵堂 かりんとう饅頭(いも)(税込 ¥108)

DSCF5071

いもの餡が美味しかったです♡

スポンサーリンク

そして店内をフラフラしていたら、お米コーナーで気になるパッケージを発見した。お米なのに塩って書いてる~なんて思ったりして。

隠岐藻塩米 2kg (税込 ¥1,440)

DSCF5066

けれども、他のお米が山積みされているのに対して、このお米だけ残り一つだったので、売れてるのかしらん?と思って買ってみた(←ミーハー笑)

家に戻ってネットで調べたら、結構人気があるお米だったらしく、なんでもマツコ・デラックスさんがテレビで、「7杯はいけるわね」と言ったことで火がついたらしい。

栽培方法もちょっと変わっていて

栽培は、通常栽培過程に、天然塩「藻塩」(1tの海水とアラメ(海藻)を釜で10日間かけて煮詰め、20kgしかできない貴重な塩)の水溶液を、夏の炎天下の散布することで、マグネシウムなど海のミネラルを吸収させ、もともと本土の土壌より含有率が高いマグネシウムなどを、根と葉の両方から吸収する相乗効果で、通常のコシヒカリより、甘味としっかりとした食感が期待できる、隠岐の島ならではの栽培方法を確立しました。

~株式会社スズノブ HPより引用

マグネシウムを豊富に含む藻塩の水溶液を散布して栽培した藻塩米は、モチモチ感たっぷりらしいので、食べるのが楽しみなのでした。ただ、現在家の冷凍庫に沢山の玄米ご飯のストックがあるので、まずはそれを消費しないといけないんですけどね(爆)

やっぱりアンテナショップって楽しいなぁーと思いつつ、三重テラスにも行きたかったけれども、お米が重かったので断念して帰宅したのでした(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.