むかしの話~沖縄に行ったときのこと#5

むかしの話~沖縄に行ったときのこと#4 の続きです>

結局宿に泊まっていた人たちと、一晩中話していた。

私が何故久高島まで来たのか、ヒーラーなんかになろうとしたのか、等々話す。皆さん、見えない世界とか、そういうことが分かる人だけれど、誰一人として、そういった占いやヒーリングの類の仕事はしていない、普通にお勤めされている人たちだった。

普通にお勤めしていながら、そういう能力がある人たちはこの世には沢山いることを知った。そして、普段能力を隠して生活している人の方が、自分でヒーラーと名乗っている人より、数倍力がある。

実際私の体験としても、私がピンチの時にすがったヒーラーや占い師という人たちはお金を取るだけで、何の解決にもならなかった。思い起こせば、単なる美容師さんだと思ったヒトが、実はスゴイ人で除霊してもらったり、たまたまバスツアーで隣合わせになった普通のOLさんに、今後の在り方のヒントを貰ったりと、能力を謳っていない人から助けてもらったことばかりだった。

宿に泊まっていた皆さんに、何故そういった能力があるのに、そういう仕事をしないのか?と言うと「神様仕事でお金を取ることは許されていない」と、口々に言った。

話をしていくうちに、私は、先生だと思っていた人にどうやら騙されていたということに気付く。憤慨する私に、「そういう人も居るのだと分かったことが大切なので、その人のことは恨まないこと」と言われた。私はまだ人間が出来ていないので、ちょっと納得できない部分もある。

現在も魔が差して、先生と思っていた人のブログなんぞを見ると、相変わらず天使にお任せすれば大丈夫、と言う、人間から「自ら考えて行動する」という思考を奪うようなメッセージを発している。

けれども、それを選択するのも選択しないのも、すべてはその人の自由なんだと思えるようにはなってきた。

そのまま朝になったので、皆さんと朝日を見に行った。

久高島 259

久高島 291

久高島 304

久高島 307

久高島 318

朝日の光が水面に反射して、太陽まで道が出来ているような感覚に陥った。

宿に戻り、皆さんと朝ご飯を食べて、宿を出た。

久高島での3泊は、結局私の人生を変えた、と言っても過言ではない気付きを沢山頂けた。ここに行ったことで、ヒーラーという道を選択することはやめたことを思えば、何かがそういった間違った道に行くことを阻止してくれたんだろう。

自分で考えて、自分で行動する。

占いでこう言われたからとか、「上の人」に言われたからとか、誰かにこうすれば良いと言われたからとか、こうすれば幸せになれるからとか、と「誰かから言われたこと」に盲目的に従うのは、結局は自分の人生を生きていないということに気付いた。そして、誰かに言われたから、こうなったと、結果の責任を人に押し付けて、自分は悪くない、というスタンスを取っているのだと。

島を離れる。

久高島 339

スポンサーリンク

久高島 342

フェリーに乗りこむと、涙があふれ出てきた。久高島を離れるのが寂しいという想いと、離れられてホッとしたという安堵感が同居した、不思議な涙だった。

フェリーを降りて、タクシーに乗る。行きに那覇からフェリー乗り場まで送ってくれたタクシーの運転手さんに、帰りのタクシーも予約していたのだった。

タクシーの運転手さんから「斎場御嶽に寄ってきませんか?」と言われたけれど、もうこれ以上聖地に行くというのは体力が続かないと思ったので、今回はパスということでお断りさせて頂いた。

だったら首里城に行くのが良い、見学が終わるまで待っているから、ということだったので、お言葉に甘えて首里城まで連れていってもらった。

久高島 345 久高島 346 久高島 347 久高島 350 久高島 355 久高島 357

首里城見学した後、そのまま那覇空港まで。タクシー代は¥3,000で良いということ。沖縄のタクシーの人でもこんなに良心的な人も居るのだと思って感謝した。

そしてタクシーを降りる際に、運転手さんから言われた。

「これからどんどん変わっていきますよ」と。

飛行機に乗って東京に戻る。

久高島 358

久高島 359

東京に戻り、先生と思っていた人に、申し込んでいたヒーラー養成講座の解約メールを出した。そうしたら、翌日、アシスタントという人から、事務的な返金のお知らせというメールが届いた。

私はてっきり先生と思っていた人の個人アドレスだと思っていたのだけれど、どうやらシステマティックにいろいろな人が見ていたらしい。それまでイロイロなことを個人的に相談していたメールも読まれていたと思うと、腹立たしい気持ちになった。それと同時に、結局、金の切れ目が縁の切れ目か、とも思った。

翌日、先生と思っていた人から、アシスタントから連絡してしまったことについての詫びと、いきなり辞めるというのはどういうことなのか?とのメールが届いた。一瞬、優しく接してくれるこの人に、久高島で起こったことを全て伝えたい、と言う気持ちになったけれど、突然、どこからか、声が聞こえた。

「放っておきなさい」と。

~むかしの話~沖縄に行ったときのこと・おわり~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.