むかしの話~沖縄に行ったときのこと#3

むかしの話~沖縄に行ったときのこと#2 の続きです>

久高島2日目。

この日は一人、レンタサイクルを借りて島内を回る。
久高島 039

観光客はほとんど居ない時期だった。

一人自転車を漕ぐ。

久高島 040

久高島 041

この時は、何故この小さな島に3泊もしようとしたのかわからなかった。けれども、この旅の計画を立てている時に「3泊」しなければならないと感じたのだった。直感、というやつなんでしょうね。

その直感は正解だったのだけれど。

久高島 047

久高島 053

久高島 062

久高島 067

誰にも会わない。なので、一人で物事を考えるには最適だった。

自然の中で、これからどうすれば良いのか、ということを考えるには。

久高島 072

久高島 073

スポンサーリンク

久高島 081

久高島 087

久高島 114

久高島 121

久高島 126

フボー御嶽に辿り着く。

久高島 133

久高島 134

久高島 135

ここの入口のところで、祈っていたら、一人のおじいから「入っちゃあかんよー」と笑いながら声をかけられた。

「分かってますってばー」とこちらも笑いながら返した。

これをきっかけにちょっと話をする。

昨日先生から紹介してくれた人について話したら、その人についての噂を沢山教えてもらった。そして、その人は島の公式ガイドではないので、今度ガイドを頼むなら、島を通してちゃんとしたガイドさんに案内してもらった方が良い、と教えてもらった。

じゃあ●●には行った?と聞かれたので、そこには連れていってもらっていない、ということを伝えたら、そのおじいから連れていってあげるよ~と言われたので、お言葉に甘えて連れていってもらった。

そこに辿り着くと、悲しくなんかないのに、涙がボロボロ出てきた。

ここに来なきゃ意味が無かったことが分かった。神様はここに連れてくる為に、このおじいと会わせてくれたんだろうと思った。そして、一泊だけで帰ってしまったら、この場所には来られなかったんだろう、と思えた。

案内してくれたおじいにお礼を述べて、宿に戻る。

夜、宿の人が星を見に連れていってくれた。東京では見られないような、本当に星が降ってくるような夜空を見上げながらも、私の頭の中は混乱したままだった。

導きを得ようとして、この島に来たけれど、結局これからどうすれば良いのか、と。

つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.