むかしの話~沖縄に行ったときのこと#1

PP_tobitatuhikouki500

旅は人の人生を変える力を持っている。

そんな旅もあるというのを知ったのは、5年前に沖縄・久高島に行った時の事だった。写真を整理したら、その時撮ったものが出てきたので、自分用の忘備録として書いておこうと思った。

しばしお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

それは私が、道に迷ってヒーラーなんかになろうとしていた頃だった。

ヒーラーとして生計を立てている先生について(←正確に言えばお金を払って-笑)いろいろなことを学んでいた。その頃の私は厳格なヴィーガンだったし、タバコもお酒も一切口にしない生活をしていた。そして毎日、その手の修行らしきこともしていた。今じゃ毎日タバコもお酒も飲むし、お肉もお魚も出されればちゃんと食べちゃいますけどね(爆)

ある日、先生から「上の人からの言葉」として、「ヒーラーになりなさい」と言われた。そして、私の前世について「あなたはひめゆり学徒隊の一人として、亡くなっている」と言った。また「沖縄に行くべき」「沖縄でひめゆりの塔に行き、そして久高島に行かなければならない」と言われた。

その日の講義が終わり、先生のサロンを出て、駅まで送ってもらっていたら、商店街にある催事場で丁度沖縄物産展が行われていた。

「いつもここの催事場で沖縄物産展がやっている訳じゃないの、これは行けってメッセージなのよ」

そう先生に興奮しながら言われた私は、沖縄に行って、前世のことをクリアにして、そして久高島に行けば、ヒーラーとして成功できるのだと、すっかり舞い上がった。

今思えば、先生は、商店街で沖縄物産展が行われることを知っていて、わざわざそこを通って駅まで行こうとしていたのだろう。実際、そこは初めて通る道だった。

他の日には、別の生徒に「上の人からのメッセージ」として「イタリアに行け」と言った。その日も先生は、生徒たちを駅まで送って行ったけれど、その日は私が沖縄物産展を見たのとは違ったルートだった。そしてイタリアに関連する商品が店先に並んでいる店の前を通った。その時もそれを指さして「呼ばれているのよ」と言っていた。

こうやって冷静になれば「あれ?オカシクネ?」と思えるようなことでも、感覚が異常な時は全て盲目的に先生のいうことが全てだと思えたし、「あなた」だけに「特別」に出た「メッセージ」と言われたら、自分を信じられない人はその「お告げ」とやらにすがってしまう。

選民意識というやつですな。神様に「選ばれた私」という。

下らん。

PPQ_kaowodasushirokurononeko500

冷静さを欠いていたその頃の私は、数週間後、沖縄に旅立っていた。

久高島 002

それまでも旅行が好きで、いろんなところに行ってはいたけれど、沖縄という土地だけは、どうしても足を踏み入れられなかった(実際この時以来、沖縄には行っていない)

久高島 003

しかし沖縄に来てしまった。

空港からモノレールに乗って、ホテルに荷物を預けて、その足でひめゆりの塔に向かう。もちろん運転免許はないので、バスで移動。

那覇バスターミナル。ここはタクシーの客引きがしつこかった記憶しかない(爆)五月蠅いので、日本語わからないふりして、英語で対応したら諦めた。

久高島 006

バスに乗ると、乗客は私一人。バスの運転手さんが話しかけてきてくれたので、東京から来たことや、タクシーの客引きの話などをして、乗り換える場所までずっと話してた。

そして乗り換える場所でも客引きが多いから気を付けてね~、と言ってくれて、乗り換える場所に近づいたら、丁度乗り換えのバスが見えたので、あれに乗って~と教えてくれた。

このゆるいカンジ(←というと語弊があるな。のんびりした雰囲気と言った方がいいのかも)が、沖縄なんだろうなぁ、と思いつつ、バスを乗り換えて「ひめゆりの塔」に行った。

ひめゆりの塔到着。

想像していたよりも、かなり観光地化されていて唖然とした。

久高島 019

久高島 018

修学旅行の学生が沢山居て、展示物を見て笑っているような姿を見て、怒りと同時に悲しみを感じた。

それと、展示物を見ていたら、直感で「私はここで死んではいない」と思った。

私の前世がひめゆり学徒隊というのも、デタラメだと感じた。

久高島 007

久高島 008

久高島 009

前世っていうのはあるのだとは思うけれど、前世の記憶は必要ないから、この世に生をうけるときには覚えていないんだと思う。

RADWIMPSの歌詞じゃないけれど、前世とか来世とかどうでもいいじゃん、って。

来世があったって 仮に無くたって だから何だって言うんだ
生まれ変わったって 変わらなくたって んなこたぁどうだっていいんだ

天国行ったって 地獄だったって だからなんだって言うんだ
上じゃなくたって 下じゃなくたって 横にだって道はあんだ

久高島 011 久高島 012 久高島 013

犬も沖縄だとのんびり寝てます。

久高島 016

と一通りひめゆりの塔を見学した。

こういう事実があった場所ということで、一回は見ておかなければならない所だとは思うけれど、もう一回行きたい場所か?と言われると、、、難しい場所だなぁ。

実際、那覇のホテルまでバスを乗って戻る間に、急に具合が悪くなって、ホテルに戻ってすぐ横になってしばらく起き上がれなくなったくらいだった(←この頃プロテクトが甘かった)

初日からこんなカンジで、久高島というところに行ってもガッカリしてしまうんじゃないのか?と思った。

つづく → むかしの話~沖縄に行ったときのこと#2

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.