簡単ゴハン~『愛と青春のすみれキッチン』のふわふわ丼を作ってみた

先日ネットで話題になった、宝塚のブスの25箇条というキーワードでAmazon検索したら『宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座 』の本と共に、『愛と青春のすみれキッチン』という本が合わせて表示されたので、どんな本だろう?と思って読んでみました。

この本は

タカラジェンヌのための“社員食堂”「すみれキッチン」。宝塚大劇場の楽屋内にあるため、タカラジェンヌとそのOGしか利用できず、一般人は絶対に足を踏み入れることができません。キラキラの美しい舞台を作り上げる美しいスターさんがいったいどんなものをいただいて舞台を務めているものなのか、ファンならずとも覗いてみたい秘密の花園。その門外不出の38レシピを伝聞で再現いたします。 実際のメニューは、どこでも入手できる材料で簡単に作れて美味しい家庭料理が基本。スターさん考案のレシピもあり、元タカラジェンヌの在団中エピソードも満載です。
~Amazon 内容紹介より引用

という、いわば宝塚秘密のレシピ本。

スポンサーリンク

どんなキラキラメニューが出て来るかと思って、ページをめくったら

辛カレー(市販の辛口のカレールーを使ったもの) (↓イメージ)
カレー

豚肉生姜焼き (↓イメージ)
生姜焼き

「にゃんこ」という名の味噌汁かけごはんまで、レシピ化されていました(笑) (↓イメージ)

にゃんこ

そんな中、私は

やみつきになること間違いなし!
忘れられない味ナンバーワン

と書かれていた「ふわふわ丼」に挑戦してみたわけでございます。

材料と作り方は至ってシンプル。

★ 材料(1人分)

  • 卵 2個
  • <A> マヨネーズ 小さじ1、 塩、こしょう 適量、うま味調味料 適量
  • サラダ油 小さじ1
  • バター 小さじ2
  • ごはん 1膳分
  • 醤油、七味唐辛子 適量

★ 作り方

  1. 卵を割りほぐし、<A>で味つけする。
  2. フライパンを中火で熱してサラダ油とバターを溶かし、1をスクランブルエッグにする。
  3. 器にごはんをよそって2をのせ、好みで醤油、七味唐辛子をかけていただく。

家にうま味調味料が無かったので入れませんでしたが、完成した品がこちら。
ふわふわ丼

スクランブルエッグが上手にできなくて、ふわふわ丼ならぬ、炒り卵丼になっちゃいました(笑)けれども簡単な割には美味しくて、どこか懐かしい味がしました。

こんなカンジで、宝塚の秘密の食堂とは思えない程、庶民的なレシピが載っています。普通のごはんが一番美味しくて、人の記憶にも残るんでしょうね。

愛と青春のすみれキッチン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.