もし、真の自由を求めようとするならば

もし、真の自由を求めようとするならば、心中の奴隷をとりのけることから、はじめねばならぬ。

今月氏神様から頂いたおみくじメッセージ。

先日断食してからというもの、本を読む時間が増えた。いろいろな本を読むと、結局は一つのメッセージを、いろいろな人のフィルターを通して物語っているだけなのではないか?という気がしてならない。

例えば、引き寄せの法則。

私これで商売している人があまり好きではないけれど、結局はすべての人はこの法則によって生きているのだと思う。

スポンサーリンク

それは結局、自分が思った通りの現実しか描けないという事だけれど、良いイメージを描くという事が出来ないから、いろいろなメソッドが出て来て、それを商売にして成り立っている輩も居るという事なんだろう。

いずれにせよ、要因となっている物を、一つ一つ根気よく浄化していくしかないんだろう、って思う。

今すぐに何とかしたい!と思っても、神様が今はタイミングじゃないから、とそのままの状況をキープされるように仕向けることもある。また、こんな変化は望んでません!と思っていても、神様からGoサインが出たから、新たな道を進むように激流に突き落とされるような出来事も起こったりする。

必要以上に自分を卑下したり、本当は自分自身では欲していないものを、世間体を考えて求めたりしていても、幸せにはなれないんだろう。

今日は服部みれいさんという方が書かれた本を初めて読んだ。私、疎いので服部みれいさんなる方は存じ上げなかったのですが、たまたま目に入った『みれいの部屋 ニューお悩み相談』と『あたらしい東京日記』いう本を読んだ。

スピリチュアル本ではないと思って読んだ本だったけれど、スピリチュアルバリバリな本だった(←良い意味で)結局服部みれいさんも、真実について語っているのだけれど、胡散臭さを全く感じなくて、かえって新鮮だった。

こういう本に出合えたのも縁なんだろうと思う。

もし、真の自由を求めようとするならば、心中の奴隷をとりのけることからはじめねばならぬ、というのは、結局は心を縛っている思いこみから脱しなさい、という事、それを浄化して、自由になりなさい、という事だと悟る。

みれいの部屋 ニューお悩み相談
服部 みれい
主婦と生活社
売り上げランキング: 135,052

<追記>最近はちょっと服部氏に対して懐疑的になった(爆)→ 過ぎたるは及ばざるがごとし

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.