ディアゴステーニの日本の神社 創刊号 (出雲大社)を買ってみた

DSCF2097
とうとう出ましたね。ディアゴスティーニから『日本の神社』。自分のブログを見ていたら、スポンサードリンクでこの広告が沢山出るので、気になって買ってきちゃいましたよ(爆)

「週刊 日本の神社」は、全国各地の有名神社を毎号約一社取り上げ、神社の由来から、社殿をはじめとする建造物、神々の系譜、お祭りや四季折々の様子など、あらゆる角度から紹介します。

ということで、創刊号は「出雲大社」。やりますねぇ。創刊号に伊勢神宮を持ってこないのは、ある意味作戦?なのかしらん?

創刊号ということで、シリーズガイドというのがあったのですが、それが結構面白かったです。

スポンサーリンク

シリーズガイド

全国神社マップ

日本地図上に神社がマークされていて、信仰や御神徳についても印で分かるようになっています。全国の神社を全て網羅している訳ではないのですが、これは神社好きならば眺めているだけで楽しいです。

神社基本のき

神社の種類・社殿の配置・参拝の方法などが詳しく載っていました。私も機会があまりないので、ついつい忘れがちな玉串奉奠(たまぐしほうてん)の作法も記載されていたので、熟読しました。

神社タイムライン

特徴的な時代区分に分け、象徴的な人物や出来事とともに、神社の歴史を紹介するという章。国学の発展の項目に平田篤胤先生が載っていて、平田神社が代表する神社として掲載されていたのを見て、「おぬしやるな」と思ったりして(笑)

出雲大社特集

DSCF1810

そして毎号、一つの神社をフューチャーしていく訳ですが、今回の創刊号は「出雲大社」が特集されています。
以下の11の章で構成されています。

  1. イントロダクション・CG鳥瞰図境内案内
  2. 境内探訪
  3. 縁起とご祭神
  4. 四季と祭り
  5. 門前旅情
  6. フォーカス
  7. 聖地のミステリー
  8. 名社をめぐる
  9. 神話を読む
  10. ご利益コレクション
  11. 神社の基礎知識

感想

全体的な印象としては、初心者の方でも分かるように丁寧に作られていると思います。これをきっかけに、気になった部分については、自分で調べていくと面白いかと思います。

今後のラインナップとしては、伊勢神宮(内宮)太宰府天満宮、熊野三山、厳島神社、大神神社等が予定されているとの事で、結構楽しみかもしれません。あと、定期購読すると御朱印帳が貰えるらしいです。ちょっと御朱印帳のデザインが残念なんですけどね(笑)

日本の神社 創刊号 (出雲大社) [分冊百科]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.