いるかちゃん

ネットサーフィンしていたら、ある動画にたどり着く(アースリングスの日本語版)あえてリンクはしていないけれど、ググれば出てきます。

ペット、食料、衣服、エンターテイメント、実験動物の5つのテーマから構成されているドキュメンタリーで、最初はフムフムと見ていたけれど、食料のところでは、残酷なシーンのオンパレードでした。

確かにこういうシーンを見ると「ベジタリアンになろう!」と言う気にもなるよなぁ、なんて思っていたけれど、牛・豚・鶏の後に、何故か日本でのイルカ漁のシーンが出て来てきた事にすごく違和感を感じたのでした。

スポンサーリンク

牛・豚・鶏は酷い衛生状態で飼育された後に、酷い方法で屠殺される場面だったのに対して、イルカ漁は、普通に漁の様子を撮影しているだけなのに、音楽やナレーションでいかにひどい事をしているのかと言った物に作り上げられていた。日本人はこんなにひどい事してます!っていう洗脳のようなシーンだなぁって。だったらイヌイットのアザラシ漁も同様に映像化してくださいって思ったのは私だけなのかしらん?

私は基本お肉は食べないですが、お肉を食べる人の事をどうこう言うつもりはないです。けれども、一部のベジタリアンの人は、肉食は悪だ!と言わんばかりに、至るところで論戦を繰り広げていますよね。

いつももっとスマートな方法は無いのかなぁって思ってしまいます。肉食は悪だ!と言うよりも、お肉よりも野菜や植物性たんぱく質を取った方がお財布にも身体に優しいとか、そういう方向で持っていけば、もっと普及していくと思うのに、肉食を反対している人は、肉食する人自体を否定する方向で話を持って行くから、ややこしくなっちゃっうんだろうなぁ。

そういえば、イルカって何故かスピリチュアルな人は大好きですよね(笑)知性が人間と同等だとか、癒してくれる存在で、人間と同じだ!と言うけれど、猫さんも犬さんも鳥さんも、生きているものは、みんな人間と同じで大事なんじゃないのかなぁ。イルカだけ特別視するのも、ヘンですよね?!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.