鏡を磨いて運を磨く

鏡は毎日、歯を磨くときや、髪型を整えるときなど見てますよね。
毎日お世話になっている鏡ですが、その鏡、曇ったりはしてませんか?
日本では三種の神器の一つとして鏡があります。
三種の神器とは、草薙の剣(クサナギノツルギ)、八尺瓊勾玉(ヤサカニ ノマガタマ)、八咫鏡(ヤタノカガミ)とされています。その中の八咫鏡は「巨大な鏡」と言う意味で、太陽神の象徴とされました。
神話の中でも

「この鏡は、専(もっぱ)ら我が御魂(みたま)として、吾が前を拝(いつ)くが如くいつき奉(まつ)れ」

と天照大神様がおっしゃったように、鏡とは太陽そのものであり、陽気溢れる神器として人々に認識されていきました。

スポンサーリンク


陽気溢れる神器という事は、真実を映し、光を呼び込む隠の気に打ち勝つアイテムという事でもあります。
風水においても、鏡は隠気や邪気を跳ね返すアイテムとして知られています。

鏡を扱う事は、神様の分身でもある、自分自身を扱うのと同じ事です。
なので、家にある鏡は曇りのないようにしておきましょう。
曇りがある鏡でいくら自分自身を見ても、曇った姿にしか映りません。
そして鏡が曇っているという事は、自分自身も曇った状態であるという事を示しています。

毎朝鏡を見て、良い顔と感じる時には勢いがあるので、その流れに乗り、
くすんでいるように感じる時は、用心して一日を過ごすようにすると
厄を避ける事につながります。

お守りとして、手鏡を持ち歩くのもお勧めです。
ただし、この手鏡は、自分の姿だけを映すものにして
他人に貸したりせず、また変なものを映さないようにして大事に扱ってください。そのことによって、邪を寄せ付けない、あなただけを守るアイテムとなります。

ちなみに、邪を寄せ付けない最強の鏡は、魔を払う~女子の神器の記事にも書きましたが、金峯山寺で頒布されている『五嶽神鏡(ごがくしんきょう)』が私が知る限り最強です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.