温める事でエネルギーの流れをよくする

medium_457354477

photo credit: myyogaonline via photopin cc

最近寒くなってきたので、 毎朝行っていたチベット体操をさぼってました。。。

すると、次第に首と肩のコリが尋常じゃなくなってきてしまい、余りにも辛かったので、寒さを我慢して、起床後にチベット体操を再開したら肩と首のコリが和らいで来ました(^◇^)おまけに正月太りで増えた体重1kgが自然と戻っていました!

余りにも気持ちが良かったので、昨晩は寝る前にチベット体操をやってみたら、その3時間程前に飲んだビールのアルコールが回ったのか?
軽く二日酔い状態になってしまったりして、大変な思いをしました。
(良い子は飲酒後にチベット体操しちゃダメですー笑)

恐るべし、チベット体操。。。

スポンサーリンク

身体を動かすことで、閉じ込められた エネルギーを解放していたんですね(反省)

閉じ込められたエネルギーと言えば、身体の冷えというのも、 エネルギーの流れを停滞させている一因となるんですよね。例えば、自分本位でものを思うと「頭」に血がのぼり、 その反動として、下半身に「冷え」ができてしまいます。 イライラしたり、クヨクヨ落ち込んだりする事も 自分本位な考え方によって起こる場合があります。 冷えが身体のある部分に定着してしまうと、 エネルギーの流れもそこで鬱滞してしまうのです。

逆に冷えが取れて身体のエネルギーが流れ出すと、 リラックスして心が緩み、イライラしなくなったり、 寛容な気持ちで毎日生活することが出来ます。 そして、今まで停滞していた周囲の状況が次第に、 心の状況と感応するように変化していきます。

この週末、温泉に行ったり、軽く運動して、 身体を温めてみてはいかがでしょうか?
エネルギーの流れも良くなっていきますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.