【5】セント・マイケルズ・レイラインへの旅 / バース

翌朝ペンザンスからバースへと移動。
乗り換えなしの電車に乗って、4時間強の旅。
Penzance Train

午後にバースへ到着。
バースでは「ザ ヘンリー ゲストハウス」というB&Bを予約していた。
私が宿泊した時は一泊£45でした。今はちょっと値上がりしてるみたい。

シングルルームは屋根裏部屋。エレベーターが無いので、
オーナーのおじさんが荷物を4階まで運んでくれた。

そして部屋に入ったら、、、

スポンサーリンク

ヘンリーゲストハウス

狭すぎた(涙)

スーツケース(と言っても機内持ち込み可位の大きさのもの)を広げる場所もなく
仕方がなく、ベッドの上で荷物を整理した位だった(爆)

けれどもバースは観光都市なので、宿代が高いのも、部屋が狭いのも仕方がない。

オーナーのおじさんは良い人だったし、朝ごはんも美味しかったし
何よりもロケーションが抜群だった。
なんたって、Bath Spa駅から一直線で、Roman Bathsも歩いて数分という所。


大きな地図で見る

気を取り直して、Roman Bathsへレッツゴー!

romanbaths

ストーンヘンジを見るのが目的だったけれど、
やっぱりバースに来たならRoman Bathsに行かないと、という事で。
ここでもオーディオガイドを借りた。
romanbaths2

romanbaths3

romanbaths4

romanbaths5

Minerva’s head
すごくキラキラしてた。

romanbaths6

romanbaths7

romanbaths9

Great Bath

romanbaths10

romanbaths8

この当時は『テルマエ・ロマエ』の存在を知らなかったので、
ただ単純にローマ人ってお風呂好きよねーと思っていたけれど、
『テルマエ・ロマエ』知ってからここに行くと、楽しいんだろうなぁ、
と、今思った(笑)

見学を終えたら、日も暮れていたので、観光終了。
夕ご飯は何にしようかしらん?と思ったけれど、
イギリスに来てからと言うもの、日本食を食べていなかったので
スーパーマーケットでお寿司を購入(大都市のスーパーにはお寿司があるところもある)

宿に戻って、ご飯を食べて、共同シャワーをそそくさ浴びて寝た(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.