【2】セント・マイケルズ・レイラインへの旅・ペンザンス

翌日、パディントン駅へ。

くま

ここからイギリス最西端の町、ペンザンスというところに電車で移動。

ちなみにイギリスは鉄道運賃が高いので、イギリス国内を旅行する際には、必ず「ブリットレイルパス」を利用しています。使い始めの日に、バリデーションといって、パスに日付を記入して(or日付印を押して)もらうだけというお手軽さも、旅行者にとってはうれしい限りです。ただ、このパスは渡英前でないと入手できないので、イギリス国内を電車で回りたい方は、事前に要チェックです(日本の英国政府観光庁のオンラインショップでも入手可能)

パディントンからペンザンスまで、約5時間の長旅。

パディントン

スポンサーリンク

途中ランチを食べつつ
ランチ

車窓から1

車窓から2

車窓から3

車窓からの風景を楽しみながらの5時間の旅。
ペンザンスに到着したら、雨が降っていました。
ペンザンス駅

ペンザンスでは”Woodstock Guest House“に予約を入れていたので、そこまで雨の中歩いたけれど、イギリス人は雨が結構降っていても傘を差さないので、私も真似して傘を差さずに歩いたら、かなり濡れた(爆)

こちらのB&Bまでは、駅から歩いて10分程度です。


大きな地図で見る

この当時、シングルで一泊朝食付き£26。お風呂がバスタブではなくて、共同のシャワーというのもあるのかも知れないけれど、すごく安いので、内心心配しつつ、玄関のチャイムを鳴らしたら、素敵なご夫婦が歓迎してくれました。
(今値段を確認してみたら、£35~になってました)

お部屋もキレイで良い感じ。
部屋1

部屋2

部屋3

荷物を降ろして、ペンザンスの町を歩く。
海辺の町だけあって、磯の香りが漂う。
かもめ

この頃天使系スピに嵌ってたので、イルカも好きだった(爆)
いるかかんばん

町の中心に行ってご飯を食べて、おやつを買って宿に戻った。そしてシャワーを浴びて、早めに就寝。

明日はいよいよ「ランズエンド」と「セントマイケルズマウント」に行くのだと思うと
ちょっとわくわくして眠れなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.