レイラインの基礎知識

今朝久しぶりに何気なくTVをつけたら「奥様は魔女」という番組がやってました。
奥様のサマンサがヘンリー8世の時代にタイムスリップするという内容で、
そういえば、4年程前、天使系スピリチュアルに嵌っていたのもあって、
イギリスにレイラインの旅をした事を思い出しました、
その時についでにロンドン塔にも行って、ヘンリー8世の残虐さを改めて確認したなぁ、
と思いながら、ついついTVを見てしまいました(笑)

このタイミングでこういった内容のものを見たのは、
それについて書けという事なのかしらん?と思ったので、
約4年前という古い旅行記になりますが、こちらにも残す事にしました。

が、その前に基礎知識を思い出しながら、おさらいしたいと思います!

スポンサーリンク

イギリス レイラインの旅の基礎知識

レイラインって、なに?

medium_3311353266
photo credit: Wyrmworld via photopin cc

レイラインという言葉を辞書で調べたところ

レイライン(ley line)は、古代の遺跡には直線的に並ぶよう建造されたものがあるという仮説のなかで、その遺跡群が描く直線をさす。

という記述がありました。

レイラインの存在は1921年にイギリス人のアマチュア考古学者アルフレッド・ワトキンス(en:Alfred Watkins)の著書『The Old Straight Track』(古い直線路)によって、人々に知られるところとなりました。

昔の人々は、このラインには神秘的なエネルギーが流れていることを感じ取り、その上に聖地を作っていたと考えられます。その中でも有名なのが、イギリスにある「セント・マイケルズ・レイライン」と呼ばれるレイラインで、大天使ミカエルにゆかりのある場所が多いとされています。なので、天使系のスピリチュアルな方は、こぞってイギリスまで出かける訳でして、、、まぁ私も昔はそうでしたが(爆)

また、イギリスだけではなく、日本にも出雲大社ー伊勢神宮を結ぶレイライン等が多数あるという事も言われています。


より大きな地図で 出雲-伊勢(日の本~根の国)レイライン を表示

セント・マイケルズ・レイライン

medium_3623952628
photo credit: bobchin1941 via photopin cc

上記地図にある一本のラインが 「セント・マイケルズ・レイライン」です。
このライン上には、いわゆるパワースポットと呼ばれるところが数多く存在します。
その中でも代表的なものを3つ、ご紹介いたします。

セント・マイケルズ・マウント  St Michael’s Mount

medium_8711099493
photo credit: thekirbster via photopin cc

URL:http://www.stmichaelsmount.co.uk/

イギリス最西端の町、 ペンザンスから約5キロ東の沖合いに浮かぶ島で、干潮時には対岸と陸続きになり、歩いて島まで行けることから「英国のモン・サン・ミッシェル」とも言われています。(モン・サン・ミッシェルという名前はフランス語で「聖ミカエルの山」つまりセント・マイケルズ・マウントと同じ名前になります)
ここは文字通り大天使ミカエルの島です。

グラストンベリー・トール Glastonbury Tor

medium_3027445706
photo credit: gazzat via photopin cc

URL: http://www.nationaltrust.org.uk/glastonbury-tor/

夏に行われるグラストンベリー・フェスティバルで有名な場所ですが、グラストンベリーは地球のハートチャクラと言われる場所でもあり、スピリチュアルな方々の聖地でもあります。近くには聖水が湧き出るチャリス・ウェルズという泉があります。

エイヴベリー Avebury

medium_5620659988
photo credit: Gordon M Robertson via photopin cc

URL: http://www.nationaltrust.org.uk/avebury/

ストーン・ヘンジと同様に、世界遺産に指定されていますが、一か所に石が固まって置いてあるストーン・ヘンジとは対照的に、広範囲にわたって100個近い巨石が点在しています。デビルチェアーと名づけられた石が有名です。

読みたい書物

 

もしこの「セント・マイケルズ・レイライン」に行こうかしらん?とお考えでしたら、アーサー王伝説ゆかりの地ともリンクしているので、アーサー王伝説関連書籍を読んでおく事をお勧めします。現地での楽しさ倍増です。
また、ガイドブックはロンリープラネットが一番良い情報が得られると思います。

旅日記とともに、宿泊した宿情報や移動手段等も記載する予定です。お楽しみに~!

<追記>こちらに書きましたので、どうぞご覧下さいませー

→ 2009年セント・マイケルズ・レイラインの旅

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.