【その2】これからは自分に正直じゃないと生きてはいけない 8th Oct, 2013

瀧祭神様のところにお伺いしようとすると、何かあるの?的に後ろからついてくる夫婦が居た。案の定、瀧祭神様の案内板を見て「何の神様だろね」発言。。。

神様は分かっている人と分かっていない人の区別はつくし、分かっていないのに、とりあえず祈っておけ、っていうのは、失礼極まりない行為。私は私で今までの感謝等の祈りを捧げた。

20131012_1

スポンサーリンク

伊勢神宮がパワースポットと言われているからって、全ての人にパワーを授けてくれる訳ではないし、神様の敷地内に入らせて頂いているっていう、概念が全くない人たちが多すぎるよね。。。伊勢神宮だけではなく、神社仏閣を訪れる際に感謝を捧げるという訳ではなく、己のどうでも良い欲を満たすだけに、訪れるのはホントは危険なのにね(笑)

そんな事を思いつつ御正宮へ伺う。すると、今までのお社(奥手の方)には行けなくなっていた、、、これって、今後20年間ずっとこの先に行けないのかしらん?とちょっと寂しくなった。

20131012_2

20131012_3

新しいお社で御垣内参拝させて頂いた。
新しい御垣内の中に入ると、その空気感が別次元のような感覚を覚え、感謝の気持ちで一杯になった。そして同時に悲しくもないのに涙が出そうになった。案内して下さった神職の方の対応もすこぶる良くて、新しいお社での始まりが気持ちの良いスタートで切る事が出来て、とても嬉しかった。

この日は10月だというのに、台風が接近してきているということで、ジメジメしていてとても蒸し暑い日だった。ジャケットを脱いで移動。
荒祭宮にお伺いするとお社を移す組立がされていた。

20131012_4

いつものようにメッセージを頂く。そして

「これからは自分に正直じゃないと生きてはいけない」

という声が聞こえた。

その後、風日祈宮にお伺いし、いつものように祈りを捧げた。いつも励まして頂ける優しさを感じる。

20131012_5

参集殿奉納舞台で11:00~遷宮奉祝舞楽公開と書かれていたので、見学させて頂こうと席に座って待つことしばし。

GWの時も思ったが、相変わらず見学者のマナーの悪さに辟易としつつ(座っている人の前に立ちはだかって写真を撮ろうとする等)胡蝶にも似た斎庭舞(今次式年遷宮を記念して新たに作られた神宮独自の祭祀舞)はとても素敵だった。
20131012_6

20131012_7

20131012_8

その後子安神社・大山祗神社にお伺いすると結構人が居た。って、今日は平日の火曜日ですよね、、、と思いつつ。

20131012_9

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.