【その1】 伊勢朔日参り

先月も利用したバスツアーを利用して伊勢に行ってきました。
今回もいろいろな気づきがあり、そして
このタイミングで伊勢に行けた事にあたらめて感謝するのみなのでした。

外宮から月夜見宮への道の「神路通」で見かけた看板。
ただの看板と思うのか
それともメッセージかと思うのは読み手次第なんだなぁと。

20131002_545999

夜都内を出ると、翌朝朝5:00には内宮前に到着します。
10月ともなると、5:00だとちょっと暗いです。

20131002_546000

朔日参りの人で溢れかえっているかと思いきや
それほどでもないかんじだったけれど
私のような観光バスで乗り付けてくる団体さんも多いので
おしゃべりの団体をやり過ごしながら、一人参道を歩く。

ここに何度来ただろう、って思い返しながら
歩いていると、いろいろな事が思い出されて
ちょっとウルっと来てしまった。

ゆっくり、ゆっくりと歩く。
今までのこと、そしてこれからのこと
いろいろな思いを馳せながら。

内宮は清らかで、凛としている。
それでいて、包み込んで頂けるような優しさを
感じられずにはいられなかった。

20131002_546001

スポンサーリンク

20131002_546005

手水舎で清めた後、五十鈴川に向かう。
20131002_546006

20131002_546007

五十鈴川で手を清めていたら、旅の相棒のカメラが
ぽちゃん、
と五十鈴川に落ちてしまった。。。

カメラは取り出しやすいようにと
ジャケットのポケットにきちんとしまっておいたハズだし
そもそもジャケットのポケットにはフラップも付いていて
簡単に物は落ちないように作られているのに。

五十鈴川の底に沈んだ自分のカメラを見て
これも捨てなさいということなんだと思うと同時に
カメラこのままにしておいてはダメだと思ったので
手を伸ばして拾おうと思ったら、
思いのほか深い場所に落ちていたため
五十鈴川に身体ごと落ちるような格好になってしまった。。。

浄化大作戦の最後に
自分自身の浄化も含まれていたとは、と
びしょびしょになりながらも、笑っている自分がいた。
もちろん着替えなんて持っていなかった(爆)
(注:良い子は五十鈴川に入ってはいけません)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.