一人でも大丈夫!~早朝の赤福本店でお召し上がり「盆」を食べてみた

今回も神宮会館にお世話になった訳だけれども、予約が直前過ぎたのか、夕食付のプランが予約出来なかった。

けれども今回は久しぶりに本館の和室が予約出来たので、超ラッキーだった。

内宮の参集殿などで流れている神宮の映像が、神宮会館ではお部屋でも見ることが出来るので、眠るまでの間ずっとこの映像を見ていた。

そして翌朝4時に起きて、身支度を整えて5時過ぎにお部屋を出て、朝の内宮へお参りにお伺いした。

神宮会館では職員の方が早朝の内宮を案内して下さるというサービスがあるのだけれども、やはり私は一人でゆっくりとお参りさせていただきたいので、いつもこのサービスは利用せずに、一人でお参りさせていただくことにしている。

そしてお参りを済ませると、もう7時を過ぎていた。

しかしながら今回は朝食の時間を8時に設定していたので、時間がちょっと余ってしまったので、神宮会館に直帰せずにおはらい町を歩き、赤福本店で一服することにした。

スポンサーリンク

赤福本店

日中は賑わっている赤福本店も朝早い時間だと、あまりお客さんも居ないので一人でも気軽に立ち寄ることが出来る。

お土産用の赤福を購入して、そしてイートインもちゃっかり利用。

お召し上がり「盆」がいつの間にかお餅2個で¥210になっていたことに驚いてしまった(←昔はお餅3個で¥280だったんですー)

まぁ確かに一人で3個は多いのかもしれない(私は3個でもペロリと食べてましたけどねー笑)

結構空いていたので、川が見えるところに座りお召し上がり「盆」が到着するのを待つ。

こういう昔ながらの雰囲気が残っているのって素敵だな。

タイムスリップしたように感じてしまう。

そしてお召し上がり「盆」が到着したので、アツアツのほうじ茶と共にいただく。

あんこの美味しさが分かる人間で良かったと思いつつ(笑)、五十鈴川を愛でながらいただく赤福の味はやっぱり本店ならでは、と思った。

そして神宮会館に戻り、食事会場で朝食をいただく。

さっき赤福食べちゃったから残しちゃうかもーなんて思ったけれども、やはり神宮会館の朝食もとても美味しいので、こちらもペロリを食べてしまった。

部屋に戻り身支度を整えてチェックアウト。

そして何故だか久しぶりに二見に行かなければならないような気がしたので、二見に行くことにした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.