【その2】籠神社・真名井神社① 14th Sept, 2013

一の宮観光船のりばから、まっすぐ歩いて横断歩道を渡ると
そこには籠神社が。

20130916_507678

もっと古風な神社を想像していたのだけれど
キレイに整備されていて、ちょっと拍子抜け(笑)

20130916_507679

20130916_507680

歩み続けると、次第に厳かな雰囲気が漂ってきた。
そして本殿を見ると、ある神社に雰囲気が良く似ている気がした。
凛としている姿がそこにはあった。
20130916_507681

お参りさせて頂き、社務所でまずはご朱印を頂く。
こちらの巫女さんの対応はとっても丁寧で、好感度大

青龍殿も光輝いていて素敵だった。
20130916_507682

スポンサーリンク

社務所近くにあった木がとても気になった。
龍がいるなぁ、と。
20130916_507683

真名井稲荷。狛龍だぁ!!!と一人勝手に興奮(笑)

20130916_507688 20130916_507689

20130916_507687

恵美須社、天照大神和魂社、春日社、猿田彦社にもお参りさせて頂き
真名井神社に行こうと、裏参道へと向う道を進むと
倭宿禰命(やまとのすくねのみこと)の像発見。

Wikipediaの籠神社のページによると

社家の海部氏は、彦火明命(天津神)を祖とし、創建以来の奉斎とされ、現在は82代目である。4代目の倭宿禰命(国津神)は、神武東征の際に速吸門で亀に乗って、神武天皇を大和国へ先導したという。

という事で亀に乗られているんですね~。
20130916_507694

そしていよいよ、真名井神社へと向っていくのでした。
20130916_507695

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.