簡単な方法で、2014年からの人生を変えてみる

2013年も残すところあと3週間となってしまいました。
3週間後は元旦ですよ~。早いですねぇ~。
クリスマスは神社仏閣、何故か結構空いているので、神社仏閣好き女子にとってはお参りするチャンスです(爆)

年末年始は気持ちを切り替えるチャンスでもあります。
ハーバードの人生を変える授業』という本は、ポジティブ心理学の理論に基づき、日常生活に取り入れられられる、人生を変える52の方法(ワーク)を紹介しています。1年間は52週なので、一つにつき一週間づつやっていくと、丁度2014年が終わる頃には、人生が変わっている事が実感できるでしょう。

スポンサーリンク

私もライフハックとして、髪をこまめにカットするなど、行動面でのアプローチは提案していますが、心理的なアプローチとして、こちらの本を参考にされるのはいかがでしょうか?

こちらの本に書かれている方法は以下の通りです。

2014年に試したい、52の人生を変える方法

1, 感謝する

感謝することを習慣にすれば、幸せになるために、特別な出来事を必要としなくなります。

2, 習慣化する

変化するために必要なのは、自制心を養う事ではなく、習慣を取り入れる事です。

3, 運動をする

週3回、1回30分の運動を行うことは、抗うつ剤を服用するのと同じような効果があるという研究結果が示されています。

4, 仕事への考え方を変える

「仕事は辛い努力が必要なもので、遊びは楽しいもの」という偏見が強く定着しているが、幸せになるためには、ただ楽しさを感じるだけでなく、楽しさを感じていると気づく必要があります。

5、意義を見いだす

あなたにとって、人生に意義を与え、お金では買う事の出来ない満足感をもたらしてくれるものは何でしょう?

6、思いやりの心をもつ

他者の役に立てば立つほど、私たちの幸福感は大きくなっていきます。

7、困難から学ぶ

人は困難を克服することで幸福になれるのです。

8、すべてをシンプルにする

私たちはたくさんの活動を日々の生活に押し込むことによって、忙しくなりすぎています。その結果、私たちのまわりにある、幸せという「究極の通貨」になり得るものに気付くことなく過ごしているのです。

9、プロセスを楽しむ

たとえ現在の利益を将来のより大きな利益のためにあきらめることになっても、できるだけ将来の役に立つ活動に時間をかけることです。

10、理解し、理解される

純粋な親密さを育てるためには、「評価されたい」と思う事から、「理解されたい」と思うことへ焦点を移す必要があります。

11、失敗から学ぶ

あきらめずに立ち向かう事は、勝ち負けや、失敗か成功かという結果よりも、自尊心にとって、長期的にいい結果をもたらすのです。

12, 完璧主義を手放す

失敗を楽しむまではできないにしても、自然なこととして受け入れることが必要です。失敗する事に対して心配をあまりせずに、活動そのものを楽しむことができるようになります。

13, 価値ある行動をする

自分が大切にしている価値観に基づいて生きているか考えてみましょう。

14, 安全圏から出る

人に親切にしたり勇気ある行動をしたりすれば、自分自身に対する考え方が変わり、自分をより親切で、より勇気ある人間だと感じるようになるでしょう。

15、感情を味わう

感情が湧いてきたら、変えようとすることなく数分間その気持ちに浸ってみましょう。

16、一貫性をもつ

自分の発言を尊重することは、自分自身を尊重することになるのです。

17, 最高の瞬間をつかむ

ピーク・エクスペリエンスとは、人間として最高の瞬間であり、人生における最も幸せな瞬間の事です。この瞬間を経験をする事で、自分が何者で、これから何をしようとしているのかという洞察と、将来の困難を切り抜けるための勇気と自信が生まれます。

18, 長期的な関係をつくる

長期的な関係は、個人的な成長と対人スキル向上、そして、受容の精神や親密さを育むために必要なものです。

19, 親切な行動をする

まわりの人と多くのものを分かち合い、他の人の人生に貢献する以上に満足感を得られる行動は無い事から、親切な行動以上に「利己的」な行動はないと言われています。

20, いいところを探す

幸福というものは人生における客観的な出来事で決まるのではなく、出来事をどのように解釈するかという主観的な心の働きによって決まるものなので、どのような状況でも良い部分を見つけるようにしましょう。

21, 「ありがとう」を言う

感謝の力は計りしれません。感謝をささげる側、受け取る側、そして双方の関係に大いなる恩恵をもたらします。

22, 回復する

自然の要求を無視して体と心を駆使し続ければ、個人としても社会としてもその代償を支払う事になります。定期的に休息し、回復する時間をとるだけで、精神科でもらう薬と同じような効果があります。

23, パートナーシップを築く

カップルの関係を長続きさせるためには、お互いに毎日三つの「ちょっとした幸せのプレゼント」をしましょう。人は一つの褒め言葉で二か月は生きられるそうですから。

24, 解釈を変える

認知の歪みがあることがわかったら、その出来事に対する考え方を変え、違ったように感じれば良いのです。就職面接試験前に「落ちてしまったらどうしよう」と考えるのではなく、「この会社で働きたいけれども、他にもいい会社はある」という考え方に置き換え、解釈しなおす訳です。

25, 子を育てる

子供がいるかどうかに関わらず、子供を一人の人間として接する事が必要です。安易な手助けで、その子供から自らの力を育むチャンスを奪ってはいませんか?

26, これまでを振り返って

ここで一旦、今まで読んできたところを振り返り、考え方の変化について書き出してみましょう。

27, 悲しみにうちかつ

悲しみから一歩踏み出しましょう。前に進むことにより、以前より人生をずっとありがたく思うようになり、人間関係をよりよいものにして、より打たれ強い人間になることができるでしょう。

28, 期待をコントロールする

大きな望みや高い期待と、その対極にあるつらい現実。その間のバランスをとることは、目標を設定するためにも役立ちます。目標に達成可能なレベルとチャレンジのしがいがあるレベルを書き出して、適切な目標を立ててみましょう。

29, 自分に優しくする

困難な時期においては、自己信頼感よりも自分に対して思いやりの気持ちを持つほうが効果的です。自分に優しくしていますか?人生のどの部分でもっと思いやりや許しの心を持つことが出来ますか?

30, 成熟する

年齢を重ねることによって、あなたはどのように成長しましたか?経験によってしか得られない知恵というものもあります。心を開いて、いろいろな人の話に耳を傾けてみましょう。

31, 本来の自分にもどる

私たちのほとんどは嘘をつくことに大きなストレスを感じます。このようなストレスに対処するには「本来の自分にもどる時間」が必要です。「本来の自分にもどる時間」とは、信頼する友人に気持ちを語ったり、心に浮かぶあらゆることを日記に書きつけたり、ただ単に自分の部屋でひとりで過ごしたりする時間です。

32, 「わからない」を受け入れる

「わからない」ということを受け入れる事が必要です。自分たちの無知を心から受け入れる事ができたら、知らない物に対する不安を、畏敬や驚きという感情に変える準備ができます。世界、そして人生を、奇跡に満ちた物語として見直す事が出来るのです。

33, 嫉妬から学ぶ

負の感情を抑制しようとすればするほど、その感情は激しさを増し、私たちを支配してしまいます。その感情が何故起きたのか、自分でその時の感情を書いたり、関係ある人々と話してみたりしてください。そうすることで嫉妬や妬みの感情が和らぎ、その気持ちを手放す事ができるようになります。

34, 内なる声を聞く

最大限の幸せを感じるには、社会的な価値基準にとらわれることなく、自分がしたいと思うものを見つける必要があります。お金や社会的地位など、誰からも干渉されない世界に生きているとしているとした場合、今の生き方通りに生きていますか?

35, 自分の感情を理解する

心が広いと思われたい場合には妬みの感情を認めることは難しいと思います。しかし、精神的に健康でありたいならば、何よりもまず、今自分が感じている事を感じるように受け入れなくてはなりません。

36, 受け入れる

すべてを完全に受け入れることが出来る、そして完全に平安な境地に至ることができるというのは幻想です。なんでも受け入れる事が出来れば奇跡が起こると勘違いして、無理して完璧な心の平安を探そうとすれば、それがうまく行かないときに、かえってイライラが募り、自己嫌悪に陥ります。失敗も成功も充実した人生の一部として受け入れ、怖れや嫉妬や怒り、そして時には自分を受け入れられない事自体を受けて入れてみましょう。

37, 偉業を観察する

全ての偉業には、そこに到る過程があります。誰かが何をどうやって達成したかをじっくり検証してみると、彼らは本当に苦労しているし、自分たちもそこまでやればなんとかできるのではないかと思えるようになります。偉大な高みは一見、到達不能み見えるけれども、実は順番に段階を踏んでいけば良いのだと知ることが出来るのです。

38,「ありがたい敵」をつくる

「ありがたい敵」とは、言動に意義を唱えるものの、同時に人として無条件に受け入れてくれる人の事です。そのような人はあなたを尊敬し愛してくれるからこそ、あなたの考えや行動に疑問を呈してくれます。

39, 可能性を信じる

幼いころや若いころに誰かが言った事や自分が思った事で、自分の能力を低く見てしまうようになった経験は無いかどうか考えてください。その理由は合理的なものですか?今からでも遅くありません。私たちの能力は柔軟で、生きているうちに変えることができるのです!

40, 人を伸ばす

あなたは、子供や他の人をどんなふうにほめていますか?努力やプロセスに焦点をおいてほめていますか?それとも何も口出さずに、プライドを傷つけないように、事なかれ主義で見て見ぬふりでしょうか?これまでに出会った最高の教師(先輩や親や上司なども含みます)について考えてみましょう。その教師はあなたのどんないいところを引き出してくれたでしょうか?その方法はあなたが人を指導する立場になった際には応用できませんか?

41、 決断をする

リスクを冒さなければ、成長はありえません。成功している会社はどこも、山のような失敗をしています。過去1年間であなたの決断が直接の原因となった失敗の中で、最悪なものを三つ挙げてください。そして、その横に、その失敗によって得た学びや気づきを書き出します。そうすると、このリストを見るたびに、失敗が学ぶのに絶好の機会になり得る事に気付くでしょう。

42, 安心できる場所をつくる

あなたはこれまで、どんな環境のときに、自分の最高の部分が引き出されたでしょうか?子供時代や大人になってからの事も思い出してください。また、あなたの周りの人たちの最高の部分を引き出せるような場は、どうすればつくることが出来るでしょうか?

43, 親密な関係をつくる

長期的にいい関係を続けているカップルのそれぞれに話を聞いてみましょう。完璧なカップルは居ないという事を頭におきながら、彼らの関係性から何を学べるかを考えてみて下さい。そして長期にわたる豊かな関係を築くために、あなた自身が必要だと思ったこと、感じたことも書き留めておいてください。

44, バランスをとる

人生の中で、あなたにとって重要な分野をリストアップしてください。職業、家族、恋愛、友人、旅行、趣味、芸術などといった分野があげられるでしょう。最初にそれぞれの分野ごとに、理想的には何がしたいか、またそれにどれくらい時間がとりたいかを書き出します。それから、それぞれについて何をあきらめられるか、何が絶対に必要かを決めます。そして絶対に必要なものを「ちょうどいいリスト」に書き出します。そして書き出した事を日々の生活に取り入れていき、最適なバランスを見つけましょう。

45, お金を理解する

収入が人生の満足度に与える影響は一時的なものにすぎないという事が分かってきました。いったん物質的な富を手に入れると、それを手に入れようと奮闘していたときに比べて、精神的にずっと落ち込んでしまう人々もいます。時間を少しとって、あなたが幸せになれると思う活動について考えてみて下さい。毎週出来る事で、あなたに最高の幸せと満足感を与えてくれる活動を五つ選んでリストを作成し、活動してみて下さい。本当の幸せは世界中のお金を集めても変えないという事が実感できるでしょう。

46, 本当の目標を知る

経済的な目標のほとんどは、自らの欲求に深く根ざしたものではありません。まず自分が人生で何をしたいのかを知り、次にその欲求に素直になる勇気を持つことが必要です。

47, 天職を見つける

心理学者のアブラハム・マズローは「どんな人にも起こり得る最高の運命、最高にすばらしい幸運は、情熱的にやりたいと思う事をして報酬がもらえることだ」と言っています。また心理学者のエイミー・ヴジェスニエフスキと仲間の研究者たちによると、人は仕事を「労働」「キャリア」「天職」の三つのうちの一つとしてとらえているといいます。あなたの仕事は「天職」ですか?

48, 気持ちを切り替える

ちょっとした気持ちの切り替え方を幾つか持ちましょう。好きな本を読むといった日常的に出来るものと、一週間に一回地域のボランティアに参加するなどと言った、人生に大きな変化をもたらしてくれるかもしれない活動、両方を考えてみましょう。そして毎日の予定に何か一つ、これらの気持ちを切り替える方法を組み込んでみましょう。

49, 深く根を張る

人生のどんな経験やどんな人々が、あなたに長期的な幸福をもたらしてくれましたか?それらについて考えてみましょう。良い事をきちんと評価することで私たちは気分がよくなり、もっとその面を広げていこうとします。

50, 心をひらく

幸せになろうとする私たちの能力は、神様からの贈り物です。しかし人々は「自分には幸福になる価値がない」と考えてしまうことがあります。幸せになるのを妨害している、心の障害とそれを取り除く方法を書き出してみましょう。これは定期的に行いたいものです。

51, 未来からいまを眺める

あなたはあなたと対面しています。片方のあなたは110歳です。そしてもう片方のあなたは今の実年齢です。110歳のあなたは、今の実年齢のあなたに現時点で始められる幸せになるためのアドバイスをくれました。その光景を想像して、メモしてください。そしてそのメモ通りに110歳のあなたからのアドバイスを実行してみて下さい。

52, 全体を振り返って

これら51項目を振り返り、あなたは幸せになるために何を実行したか、実行しようとしているかまとめてみてください。

おわりに

5個から12個の間で宣言文をつくりましょう。何をし続けるべきなのか、しっかりと覚えておくのに役に立ちます。

ハーバードの人生を変える授業

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.