行く前に知りたい!伊勢神宮と出雲大社のご神徳

medium_8713664755

photo credit: theCarol via photopin cc

伊勢神宮は行くと清々しい気分になれるので、とても大好きになってしまい通うようになったけれど、出雲大社って高校生の時に修学旅行で行って以来、一度も訪れた事が無いので、今インターネットやらガイドブックやらで調べまくっています。

そもそも何で神社仏閣に行きたくなるのか?と言われれば、神社仏閣の清々しい気に触れたいというのもあるし、何故だか行かなければならないような気がして、ついつい出かけてしまう訳だけれど、それと同時に神様や仏様のお力にすがりたい気持ちが無いとも言えなくもないですね~。

スポンサーリンク

ただ、神様や仏様を敬ってこそのご神徳(ご利益)だと考えているので、いわゆるパワースポットに群がっている人と同じにされたくないという気持ちもあったりします。

内宮を参拝したりしていると、他の観光客から「アマテラスは女神だから、カップルで来ると別れさせるんだよねー」とトンデモ情報な会話が聞こえてきた事があるけれど、伊勢神宮のご神徳(ご利益)を考えると、別の視点から見えてくることもありまして。。。

ここでは伊勢神宮と出雲大社のご神徳(ご利益)について調べてみました。

伊勢神宮のご神徳(ご利益)

medium_4531514060
photo credit: David Z. via photopin cc

元気(パワー)をもらう神社旅行』というガイドブックを読んでいたところ、Bingo!と言った記述があったので引用させて頂くと

神宮に参拝すると、半年から数年で、自分のいる環境がずいぶんと変わる場合があります。これは、その人の魂といいますか、宿命といいますか、中心的なことを活かす環境に進ませてくれているという現象なのです。
~中略~
神宮に参拝してしばらくすると、なんとなく感覚が変化していったり、人間関係が変わっていったり、引っ越したり転職したりと、人生が少しずつ変わっていく人が多いのです。

私が初めて伊勢神宮を訪れたのは2012年5月。丁度一年半位経過したところですね。 確かに上記に書かれているように、見事会社は辞めました(笑) 生き方自体も変えて行っている最中です。

私の意見としては、伊勢は自分自身を思い出す場所だと思っています。 本来、人間として生まれて来て、やるべきことがあったはずなのに、
世間の常識やら、洗脳やらでがんじがらめで動けなくなった「穢れ」のようなものを 落としてくれる場所ではないかと? 新しい光を放つために。

「アマテラスは女神だからカップルを別れさせてしまう」というのも、 付き合うべきではない二人を、本来の状態に戻す、という事も言えなくはないかな?とは 思ってしまうけれど、嫉妬で別れさせてしまうなんていう事はありませんので、ご安心ください(そういえば、吉祥寺の井の頭公園でカップルでボートに乗ると、井之頭池のほとりに祀られている弁財天様が嫉妬されて、別れる事になるという都市伝説もありますが、その手の都市伝説と一緒なんでしょうね)

出雲大社のご神徳(ご利益)

medium_10571302113 (1)
photo credit: かがみ~ via photopin cc

こちらは『出雲大社』というガイドブックに書かれていたご神徳について引用させて頂くと

 出雲大社に参拝し、心からの開運を願うと、性格が変わってしまうほどの御神徳を授かる人も多い。まず、気持ちからトゲトゲしたものが消えていく。性格のトゲとはつまり、他人をうらやむ心であり、嫉妬心であり、意地の悪さや我の強さ、他人を否定したがる性質のことといえる。

この御神徳には心当たりあります!
私、この前まで勤めていた会社が出雲大社東京分祠から近かった事もあったので、 午前中に仕事でムキーヽ(`Д´#)ノという状態になった時に、 お昼休みに出雲大社東京分祠に行って気持ちを静めていました(笑)

参拝すると何故か、午後は穏やかに仕事が出来たなぁと思い出しました。 出雲大社東京分祠のベンチで近隣のサラリーマンがお弁当を食べている中、参拝するのは如何なものかと思っていたけれど(爆)

またこちらのガイドブックでは、出雲大社は縁結びの神様として知られているけれども、 むしろ出雲大社の御神徳は大国主大神様の、絶大なる和合の徳と政治力から、 恋愛したいという人よりも、良い仕事をしたいと言う人に参拝を進めています。

伊勢もそうですが、出雲も調べれば調べる程、興味深い土地なので、 是非とも行ってみたくなりました。
今年中に行けると良いな~☆

<追記>
後日、弾丸バスツアーで出雲に行ってきました~。
その時のレポートはこちらからどうぞ→  【その1】出雲旅行記@八重垣神社, Dec 2013

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.