清浄なる内宮の光~伊勢神宮に行ってきた【その8】

201606ise163

朝5時に目が覚める。

本来ならば4時位に起きて、朝5時に内宮が開く時間と同時にお伺いしようと思っていたけれども、昨晩はぐっすりと寝てしまったせいもあって、ちょっと遅く起きたという訳でして。

そして部屋の窓を開けると、お日様が顔を覗かせていた。

神秘的な風景にしばし見とれてしまった程だった。

そして身支度を済ませ、神宮会館から内宮へと向かう。

201606ise164

神宮会館は徒歩で内宮まで歩いて行けるという絶好のロケーションだったりする。

ホント、何度この道を歩いたのだろうと思った。

そして内宮に到着する。

201606ise165

朝6時前ということもあって、意外に人は少なかった。

私は早朝の人のほとんど居ない内宮が大好きだ。

誰も居ない内宮の参道を歩いていると、それこそ魔法にかけられたように、時は止まっているように感じてしまい、そして、その時が止まっている空間に、様々なメッセージが届けられる。

201606ise166

201606ise167

201606ise168

これ以上、美しい光景というものがあるのだろうかと思いつつ、歩みを進める。

201606ise169

201606ise170

201606ise171

201606ise172

201606ise173

そして手水で清めて

201606ise174

201606ise175

五十鈴川御手洗場でも更に清め

201606ise176

201606ise177

しばしその川のせせらぎの安らかなる音に耳を傾ける。

そして瀧祭宮さまのところにお伺いして、お参りさせていただき

201606ise178

神楽殿方面へと歩みを進める。

201606ise179

201606ise180

201606ise181

光が差してきて、歓迎されているような気分になってしまう。

201606ise182

本当に内宮は光を感じることの出来る場所。

201606ise183

この美しさは、写真では伝えられないものがある。

201606ise184

201606ise185

201606ise186

201606ise188

そしてこの日の朝も御正宮で御垣内参拝をさせていただいた。

201606ise187

201606ise189

スポンサーリンク

今回、御垣内参拝をさせていただくと、とあるメッセージをいただけた。

それは、私にとってはとても大きなテーマだけれども、やるしかないと思い、そこまで信頼していただけた天照様に感謝するしかなかった。

そしてその後、写真を撮ると、光のオンパレードだった。

201606ise190

201606ise191

201606ise192

201606ise193

そして荒祭宮方面へと向かう参道を歩く。

201606ise194

201606ise195

201606ise196

201606ise197

201606ise198

201606ise199

そして荒祭宮にもお伺いしてお参りさせていただく。

201606ise200

201606ise201

201606ise202

そして、神楽殿方面に歩みを進める。

早朝には四至神様のところに群がっている人々も居ないので、心ゆくまでお参りさせていただいた。

201606ise203

御酒殿、由貴御倉でもお参りさせていただき

201606ise204

201606ise205

風日祈宮に向かおうとすると、修行に来ている?一団が通り過ぎて行く姿が目に入った。

201606ise206

思わずその姿を写真に収めると、そこには祝福とも言わんばかりの光が映し出されていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.