【その7】天川 25th Dec, 2012

5:30起床。

昨日はネムネムで、仕方が無かったのに寝る前にコーヒーを飲んでしまったからか?
なかなか寝付けなくって苦労した。
寝てる時も何かに押し付けられたような雰囲気。

今朝は宿泊している皆さんと、朝、天河弁財天へ行った。
雪は降っていなかったけれど、マイナス6℃の中、徒歩20分位で神社に辿り着く。
入り口のところの写真を撮ったら、龍が出てきてくれた(この写真は公開しません)
天河弁財天

朝のご祈祷に参加し、お神酒を頂いた。
天河弁財天、聖地なのかも知れないが、ただひたすらに寒かっただけだった(爆)
天河弁財天2

歩いて民宿に戻り、朝食を頂く。
何にも予定を立てていなかったけれど、同宿の方が洞川へ行くというので同行させて貰える事に。
民宿のお父さんがバス停まで送ってくれ、皆で洞川温泉行きのバスに乗り
洞川半日観光と相成った。

まずは面不動鍾乳洞へ。
面不動鍾乳洞

モノレールを私どもだけの為に運転してくれて、鍾乳洞へ入ったのだけれど
ソフトな鍾乳洞かと思いきや、足元は滑るし、暗いし、怖いし、なかなかハードな
鍾乳洞だった。
鍾乳洞横の茶店で、しばし暖を取らせてもらって
しばし歓談。茶店のおじさんとおばさんの会話がとても面白かった。

再びモノレールに乗って、山を下り、龍泉寺へ。
龍のお寺というよりも、「修験道のお寺」という雰囲気バリバリだった。
龍泉寺

スポンサーリンク

龍泉寺2

その後、ゴロゴロ水と言うのを汲みに行ったけれど
そこに辿り着くまでの道のりが、戸隠を思い出させるようなカンジだった。
122506

ゴロゴロ水が汲める場所。
ごろごろ水

ゴロゴロ水はとてもおいしく、この水飲んだら東京の水なんてまずくて飲めない!って思った。
その後洞川温泉に行ってお風呂に入り(他に誰も居なくて貸切状態)
洞川温泉

近所のお店で胡麻豆腐を購入したら、お店のご主人にお芋さんとお茶をご馳走してもらった。 天川って、一人も嫌な人が居ないって思った。
バスの運転手さんも、道行くおばさんも、みんな良い人で、 これが本来の日本人の姿なのかしらん?と思ったりもした。
(2012年12月の感想→翌年2月に行って天川にも嫌な人間が居る事を思い知る)

夕食、本日宿泊の皆さんとにぎやかな食卓。
クリスマスケーキも頂いて、恐縮してしまう。。。
122509

その後堂本剛さんのDVDを皆で鑑賞(民宿のお父さんとお母さんが映っていた)
堂本さんがいろいろな事を語っているのを見て、この人、分かっている人だと思った。
特典映像のDVDは「堂本剛の天川紹介」というカンジでとても素敵だった。
堂本さんが天川にハマるのも、分かる気がした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.