【その4】お伊勢さん 23rd Dec, 2012

5:00起床。
とは言っても昨晩はほとんど寝れなかった。
過去の出来事のフラッシュバック、そして涙。
昨日も歩いて疲れているはずなのに、なんで?と思った。
何かが変わろうとしている、それは分かる。

6:08位に神宮会館を出る。
外は真っ暗。なのに訳の分からんおっさんに
内宮に行くにはこの道で良いんかい?と聞かれる。
ちょっとびびる。

内宮前に辿り着くと、宇治橋の前で日の出を待っているカメラマンが大勢居た。
宇治橋を渡り、いつもの内宮。

宇治橋

人がほとんど居ない内宮はやっぱり良いなーと思いつつ
ゆっくりと歩みを進めていった。

正宮の階段のところには、誰も居なくって
正宮正面で私一人で参拝できた。
(横には御垣内参拝待ちの人が数人居たけれど)
白い布が風にゆれてふんわりとすると、やっぱり歓迎されている気がした。
(参拝する場所じゃないと思えるので、御垣内参拝は毎度している訳ではないのです)
内宮御正宮

そして荒祭宮に行ったら、やっぱりここでも一人きりになれたので
いろいろ感じたりした。
メッセージは「全ての女性は美しい」ってコト。

荒祭宮

風日祈宮で神宮会館の早朝参拝の団体に出くわし、ケッと思いつつお祈りして
大山祇神社・子安神社にお伺いすると誰も居なく。当然やね。

スポンサーリンク

風日祈宮

大山祇神社・子安神社

122306

その後宇治橋へ行くと、人がほとんど歩いていなく、珍しいなぁと思ったら
鳥居のところに太陽が出る写真を撮ろうとする人が山盛り(爆)
まだ朝食の時間まで20分ほどあったので、私も便乗して写真を撮ることにした。

宇治橋上

金環日食の時にも伊勢に来ていたし、今回も冬至前後のご来光ということで
今年は太陽がらみの時期は、みんな伊勢で体験しているよなーと思った。

人を照らす人になりなさい。

閉じられた扉が今開かれようとしている。

その扉を開けるために、今、こうやって旅に出ているのだから。

冬至内宮

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.