神様なんて居るに決まってるじゃない~一泊二日で三峯神社にお伺いしました【その5】

三峯神社を10:30に出発するバスで戻ろうと考えていたので、朝食後にバスの時間まで境内を散策。

初回&前回で境内地図で鐘楼があることは知っていたけれども、何故かたどり着けなかったので、今回は是非とも鐘楼が見たいと思っていた。

この道でいいのかしらん?と思いつつ歩くと、興雲閣の後ろの方に、鐘楼があった。

三峯神社20151228-112

これが今朝聞いた鐘の音の元かぁ、と思いながら、しげしげ眺める。そして近くに天然記念物の「三峯モミ」も発見した。

三峯神社20151228-113

と、その奥に、お社があることに気が付く。

三峯神社20151228-114

三峯神社20151228-115

スポンサーリンク

近宮

三峯神社20151228-116

三峯神社20151228-117

鳥居を潜ってしばらく歩くと、お社発見。

三峯神社20151228-118

こちらにやっとお招きいただいたことに感謝してお参りさせていただいた。

三峯神社20151228-119

三峯神社20151228-120

早朝の三峯神社境内にはほとんど人はおらず、えんむすびの木にも誰も居なかった。

三峯神社20151228-121

三峯神社20151228-122

三峯神社20151228-123

早朝の神社の境内を一人きりで歩くということほど、贅沢なことは無い訳でして。

もちろん、お仮屋にも誰も居なかった。

三峯神社20151228-124

三峯神社20151228-125

三峯神社20151228-126

三峯神社20151228-127

三峯神社20151228-128

御眷属を拝借させていただいたことを報告して、お参りさせていただく。

そしてお社左側にあった石碑に書かれていた神恩というものを目にする。

やはり霊験あらたかだからこそ、こういったものがあるのだと、再認識したりして。。。

三峯神社20151228-129

三峯神社20151228-130

三峯神社20151228-136

その石碑の方からお社を写真に収めると、光に満ち溢れていた。とても素敵なものをいただいたような気分になる。

そして拝殿方面へと戻る。

三峯神社20151228-137

三峯神社20151228-138

三峯神社20151228-139

今回、こちらに宿泊したということが、とても大切な事だったと、今更ながら感じたりした。

三峯神社20151228-141

朝9時頃に社務所を見てみると、朝礼のようなものをしていた。本当に三峯神社の皆様の対応の素晴らしさには頭が下がる思いで一杯だ。ここまで対応の良い神社というのは、私が知っている限りでも数えるほどしかない。

三峯神社20151228-142

三峯オリジナルショップでこれまたお土産をしこたま購入して(笑)部屋に戻り荷物の整理などをして、チェックアウトした。

本当に美しい場所。

三峯神社20151228-143

三峯神社20151228-144

三峯神社20151228-145

三峯神社20151228-147

そして最後に再び三峯神領民家に立ち寄ってみた。

三峯神社20151228-148

三峯神社20151228-149

三峯神社20151228-150

神様といっしょに生活していたお家。

三峯神社20151228-151

三峯神社20151228-154

三峯神社20151228-155

今自分が生きているということは、とても素晴らしいことなんだということを改めて認識させられたような気がした。

三峯神社20151228-156

10:30のバスには私以外、誰も乗車していなかった。三峯から離れていくと、自然に目から涙がこぼれていた。

昔は神様なんて居ないんじゃないかって、疑っていた時もあった。けれども、今でははっきりと言える。

神様なんて居るに決まっているじゃない、と。

そして神様はおっしゃった。

生きろ、と。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.