出雲大社で御祈祷したが~口コミは本当だった、、、

前回2013年12月に出雲大社にお伺いした際には、団体祈祷ということで、神楽殿で御祈祷してもらった。その際、ツアー客まみれの御祈祷ってナンカチガウーと思って、個人で出雲大社に行ったのならば、御祈祷をあげようと考えていた。

出来れば朝一番でと思い、朝8:30頃に旅館を出て、出雲大社へ向かう。

出雲大社御祈祷編

出雲大社御祈祷編1

私の神社仏閣めぐりで一番多くお伺いしているのは、伊勢神宮だったりする。伊勢神宮ならば朝8時台ともなると、ある程度の人はいるので、出雲大社でも同じようなものなのかしらん?と思っていたけれども、出雲大社では朝8時台、参拝客はほとんどいなかった。

ちょっと拍子抜けしつつ、参道を歩く。

出雲大社御祈祷編2

ムスビの御神像に差し掛かると

出雲大社御祈祷編3

大国主命様が太陽を仰いでいるような写真が撮れた。

出雲大社御祈祷編5

スポンサーリンク

出雲大社御祈祷編8

そして御祈祷を申し込んだのだけれども、御祈祷受付の人の態度が超悪かった。

参拝客には「私語はお慎み下さい」的な貼り紙がされているわりには、御祈祷受付の職員はベラベラ私語ばかりだったし、朝8時30分も過ぎているのに、「ふわー」という大きな声とともにあくびをしていたり、、、これ、役所でも民間企業でも、受付がこんな対応だったりしたら、即クレームきますよね?と思った。

御祈祷受付の紙を渡しても、超事務的な対応で、私の住んでいる区役所の人の対応の方が数千倍マシ、と思ったくらい。

トリップアドバイザーでも同じような口コミを目にしていて、まさかと思っていた部分が大きかったけれども、残念ながら、真実だった。

出雲大社で祈祷受付の神職の方々の態度が最悪。
神職達の私語も多い。しかも仲間の愚痴や一般参拝者の文句。普通は参拝者達の目の前でしない。
途中、寄進の電話を受けても横柄。
わからないから聞いているのであろうに、わかって当然だろうという仕草や物言い。
非常に幻滅した。
祈祷受付は団体を主に行っているため横柄になるのかもしれない。
せっかくの神々しさ、静粛さなどもかき消してしまう。
しかも一番年配であろうと思われる方が、一番態度が悪かった。
誰も出雲大社ではクレームをつけない為に調子に乗っている。
これから先、古くからの歴史、参拝者、すべての山陰観光のためにも改めるべきであろう。

~Trip Adviserより引用

御祈祷も、若い神職と若い巫女が執り行った訳だけれども、はっきり言ってなんにも感じなかった。

出雲大社で御祈祷を受けている最中に、ずっと思っていたのは「伊勢に行きたい」ということだけだった。伊勢神宮でも御神楽をあげさせていただいたことがあるけれども、御神楽をあげていただいている最中は、神様が降りてくる瞬間を感じることが出来るので、出雲大社でも同じものを期待していた。しかし、結果は残念なものだった。

おにわふみ、というのもさせてもらったけれども、これまた、なにも感じず、、、

伊勢に行かなければ

伊勢に行かなければ

伊勢に行かなければ

とずーーーーーーーーーっと思ってしまっている自分が居た。

お札等も頂いたけれども、伊勢神宮のそれと比較すると、非常にがっかりする渡され方だったのもある。

出雲大社御祈祷編9
これを書くのは躊躇したけれども、私が感じたことはこれが全てだから、やっぱり「御祈祷させていただいて感動でした」ナンテ嘘は書けない。

※これは私の超個人的な感想なので、参考にしないでくださいね~(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.