ラーメン屋さんとパワースポットについて考えた

みなさんラーメンって好きですね~。
近所にネットや雑誌で評判のラーメン屋さんが数件あります。私は訪れた事は無いのですが、土日にそれらお店の傍に行くと、いつも行列が出来ているんですよね。

いわゆるラーメンの激戦区らしいので、その他にも雨後の筍のように新しいお店がオープンするんですが、いつの間にか無くなっちゃうっていうパターンが多いです。

近所の方とお話していて、そういえばこの前オープンした○○って言うラーメン屋さん、ラーメン好きの芸能人の○○が美味いって言ってて、この前お店の前通ったら行列してたよーなんて話を聞いて、数か月後にそういえば、あのお店どうですかー?と聞くと閉店しちゃったんだよねー、という事が多かったりします。

多分1回行って話のネタになったから、もういいやっていうパターンなんだろうなぁと思ったりして。

スポンサーリンク

同じことをいわゆるパワースポットで感じたりします。

都内のとある神社も、そこにある井戸がパワースポットだと騒がれてから、その井戸を見るために何時間待ちという事になってしまって、
その神社の派動自体があまり宜しくない雰囲気になってしまった為、それ以来あまり行っていません。

また、ある芸能人が近くにある神社をパワースポットだと騒ぎ出してから、地元以外の人も押し寄せるようになってしまい、ここに行くと逆に良くないものを貰ってくる事が多くなってしまって、それ以来行っていません(もしかしたら今行ったら違う波動になって良くなっているのかも知れませんが、、、)

ラーメン屋さんもパワースポットも観光地化してしまったということなんでしょう。メディアやネットのせいで人が溢れるようになると、
お客さんに荒らされて、ラーメン屋さんは味が落ちてしまい、パワースポットは場が荒れるケースが多いですよね?

マスコミに煽られてお客さんが押し掛けると、来られる側としては「当然だろ」と言ったスタンスになってしまい、来てくれる人に対しておざりな対応をして離れられてしまう場合や、良いサービスが提供できなくなって、どんどんレベルが落ちていく、といく場合が多いと思います。

ま、ラーメン屋さんやパワースポットだけに限らず、他の業種・業態でもそうなんでしょうが。

天河弁財天3

以前スピリチュアルな方にとっては有名な神社(A神社としましょう)の近くに鎮座している神社(B神社とします)で参拝していた時の話。

その有名なA神社に行く団体がB神社にバスで乗り付けてきました。そして、ツアーの時間が限られているせいか?まずは社務所でご朱印をお願いした後、だーっと走って参拝するという光景を見て、なんだかヘンなのって思いました。

そして参拝を終えたその中の一人が、私が居るのに割り込んできて社務所の方と話し始め、話に夢中になって いたところ、グループの人から

「エンジェルさん~時間ですよ~」

と言われてたのを聞いて、(エンジェルさんってなんじゃそりゃ?)と思った記憶が、、、

団体が立ち去った後に「ああいうスピリチュアルの人たちって、、、」と思わずつぶやいてしまったら、 社務所の方も「そうなんですよね、ああいう人たちが集まるところはつかれるんですよね」と言われたので、「つかれる、というのはTired(疲れる)って事ですか?
それとももう一方の(憑かれる)事ですか?」とお伺いしたら 「両方」だと。

「例えはヘンですけど、おいしいと評判のレストランがあったとしますよね?そのレストランに人が押し寄せて、味が落ちたとしても、初めて来る人たちはこれがおいしいレストランの味か、と思って喜んでしまうわけですよ」

もう味が落ちた(=場が荒れてしまった)ところに行って、喜んでいる人たち、、、なんとなくA神社のことを指して言っているような気がしたのでした。

ただ、単に流行りだから、と何も考えずに行くのは楽しいですか?楽しかったと思わされているだけではないですか?そこに自分の意志はありますか?

テレビで見たから、雑誌で見たから、ネットで見たから?その情報を発信している人は信じられる人ですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.