ネガティブな会話で汚れたもの食べてない?

DSCF4549

前の会社に勤めている頃は、極力お昼休みは一人で外に出てご飯を食べていました。

転職して数日は皆さんとランチをご一緒させて頂いていたのですが、すごく違和感を感じてしまったんですよね。その方達とのランチタイムというものは、会社に対する不平不満や同僚の悪口を言い合う場になっていたので、その方たちとランチをすると、その後必ず体調が悪くなってしまっていたからです(トホホ)悲しきスポンジ体質。。。

スポンサーリンク

他の方から誘われたり、部署の皆でランチに行こう!という話になった時には、無下に断らずにご一緒させて頂いてましたが、基本お昼は一人で行きます、というスタンスを主張していました。

それでも仕事に支障は出なかったし、そういう人だと思わせていました。嫌なことは嫌だという猫山さんモードです(笑)やれば出来ます!

ご飯を食べながら、悪口とか言い合って盛り上がるのは楽しいかもしれないけれど、その悪意も同時に吸収してしまっているという事に気が付いていない人が多すぎると思います。

確かに仲の良い人とランチに行くのはストレス解消にもなりますし、話す事で自分自身の気持ちが楽になるっていう事も分かります。けれども、話す事が無いからと言って、そこにいない人の悪口や愚痴を言い合う場になってしまっているのならば、それはとても危険な事です。

ネガティブな話をすれば、ネガティブなものが集まってくるという事に気付かない人が多すぎます。

テレビやラジオをつけながらの食事も気をつけてください。気持ちの良くないものを聞いたり、見たりしながら食べたり飲んだりするのは、気持ちの良くないものを食べたり飲んだりするのと同じなんですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.