【その9】大神神社 Part 2 6th Nov, 2013

元々この旅行に出る前から、何故か『豊穣の海』がずっと気になっていた。
第四巻のラストシーン、聡子が本多に清顕について語るシーンについて、若いころは納得がいかなかった。
けれどもこの年になると、聡子の気持ちが痛いほど分かる。

清顕のことを聡子が知らないという場面、それは本当に真実だと。
三輪に来るのを恐れていたのは、自分自身の過去と『豊穣の海』の清顕と聡子を自分自身とダブらせていたからかもしれない。
その封印が三輪に来ることによって、解かれているのだろう、と今では思える。

スポンサーリンク

神宝神社

神宝神社

天皇社

天皇社
どこかのエッセイストが大神神社をディズニーランドのようと言っていたのが分かる気がした。神社のオンパレード。以前伊勢から高野山に行こうとした際に、移動で桜井で1時間空き時間があったときに、大神神社に行こうか?と思ったけれど、今じゃないと思って止めたことがあったけれど、実際大神神社はとても1時間じゃ回れない場所だった。

そしてくすり道を行き

くすり道

磐座神社

活日神社・磐座神社

狭井神社へ

狭井神社入り口

手水舎

手水舎

三島由紀夫の碑を見た時には、もう何が何だか分からなくなっていた。

三島由紀夫の碑

三島由紀夫の碑

これは是非とも読んでほしい

三島由紀夫の碑2

そして狭井神社へ歩みを進めた

狭井神社

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.