【その12】空 May 4, 2013

塗香を購入後、壇上伽藍へとむかい歩いている途中
『松栄堂』というお店で「こうやくん」関連のお菓子が売っているのを発見して
「こうやくんクッキー」、「こうやくんポテトあられ」と
金剛峯寺のお接待で出されるお菓子もこちらで購入する事が出来たので
合わせてお買い上げ。帰る前に荷物増やしてどうするのよ、あたし、と思いつつ
根本大塔に到着。

20130526_170269

大日如来様に祈りを捧げ、孔雀堂で孔雀明王様にもお礼を申し上げ
明神社にもお伺いする。

20130526_170271

丹生の神様とは縁があるのだろうか?
以前、丹生川上神社(上・中・下社)に行った事もあり
何となく親しみを感じたりした。

今日結縁潅頂の案内を見ると
「ただいまの受付だと11:50の回」と書かれていた。
10:00頃でその時間かぁ、と思い、やはり初日が一番混むと
宿坊のお坊さんが言っていた事は本当だったんだなぁと思ったりして。

その後金剛峯寺に立ち寄ったら、入り口でお坊さんが
結縁潅頂のちらしを配っていた。
私もその前を通りすぎたけれど、何故か「こんにちは」と挨拶をされただけで
もう結縁潅頂やったって人の顔を観れば分かるのか?
それとも、ただ単にこいつはやらなさそうだ、と思われているのか
どちらかよねん、と思いつつ。

金剛峯寺で祈りを捧げた後、宿坊に戻り
荷物をピックアップして、バスに乗り高野山駅へ。

極楽橋からケーブルカーで橋本まで。
車窓からの景色はとても美しく、ずっと車窓から景色を眺めていたけれど
途中異様な眠気に襲われて、ついうとうとしてしまった。

スポンサーリンク

そこで、とても不思議なVisionを観た。

はっとして、目を覚ます。
今のは何だったんだろう?と思いつつ、車内を見渡しても
何も変わらない風景。
前の座席で仲良さそうなおばあさん二人が眠っている姿があっただけ。
このおばあさん達も、多分、何かメッセージを頂いているんだろうと思いつつ
電車は橋本へと辿り着いた。

橋本からは急行電車で難波まで移動。
都会に近づくにつれ、俗っぽい雰囲気が車内に溢れかえる。
なんとなく、悲しくなる。

難波に到着し、地下鉄で新大阪へ移動。
なんと3月から大阪でもパスモが使えるとの事で
切符を買う手間もいらずに、楽に地下鉄に乗って新大阪に着いた。
(荷物持っていると切符買うのも一苦労なので)

お腹が空いていたので、目に入ったドトールで昼食。
俗っぽくアイスコーヒーとミラノサンド(卵とツナ入り)を食すものの
あまり美味しく感じなかった。
そういえば高野山に居る間って、肉・魚・卵はもちろん食べなかったし
コーヒーも飲んでいなかったなぁ、と思ったりした。

新幹線のホームに辿り着いた時には14:30.
ちょっと早めに出たつもりだったけれど、新幹線到着の丁度10分前くらいに
辿り着いたので、良いタイミングで移動が出来た。

帰りは何故かグリーン車。
「ひかり早特きっぷ」というものを利用すれば、のぞみの値段プラス1500円程度で
グリーン車に乗れると知り、購入していたのだった。

20130526_170364

指定席に乗り込む為の列には人が沢山いたけれど
グリーン車に乗り込む列には私一人だった。
車内も人がぽつぽつ居る程度だったし、静かで広くて快適だった。
時間はのぞみよりかかるけれど、この切符お勧めです。
まぁ一週間前に購入しなくてはならない等、いろいろ制限はあるのだけれど。

東京に戻る。
けれど、いつものように嫌な感じは全くしない。
むしろ伊勢よりも落ち着いている印象を受けた。

品川から新宿に戻り、新宿からバスに乗って家に戻る。
家のドアを開けると、何故かすっきりとした雰囲気が漂っていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.