【その11】優しさ May 4, 2013

いよいよ最終日。

朝5:00に起きて身支度をして、6:30のお勤めへと向うと
本堂にはかなりの人が居た。

小さな子供連れの家族が数組。お勤めが始まってからも子供は落ち着かず
途中退席したと思ったら、戻ってきたり
老夫婦はこそこそおしゃべりを始めたりして、昨日・一昨日のお勤めとは
違って俗っぽい雰囲気がした。
今日、俗に戻るからその前の肩慣らしか、と思いつつ祈りを捧げた。

朝食を頂き、8:00過ぎに奥の院へと向う。
奥の院の入り口で写真を撮っていたら、一人で来ていた白装束姿のおじいさんに
シャッターを押して欲しいと頼まれたので
2枚程とってあげると、とても嬉しそうだった。
奥の院入り口

汗かき地蔵様にもお祈りを捧げ
汗かき地蔵様

スポンサーリンク

朝の時間の奥の院はとても清々しく感じられた。
奥の院
弘法大師様のところにお伺いし、祈りを捧げて
しばらく目をつぶっていると、力強いものが感じられて
とにかくやらなくてはならない、という気分になった。

奥の院から金堂方面へ行くバスの時刻表を見たら
かなり待たなくてはならない事が分かったので、歩いて行く事に。
途中、お香等を売っているお店に入り、塗香を購入。
「車で来てはるの?電車で来てはるの?」と聞かれたので
「電車です」と答えると、購入した品物をビニール袋ではなく
紙袋に入れてくれた。
「中身が見えると、ね」と言われて、こういう気遣いにじーんと来てしまった。

何だか高野山に来てからというもの
人の温かさに触れてばっかりだった。
さりげない微笑みや、人とのふれあい。
一人の人間として、尊重されているという実感。

そういえば
根本大塔で仏像に見入っている時、
お坊さんが私の前を通りすぎようとした際に、
一礼して頂いて通り過ぎた事とか
御守などを購入した際に言われた言葉等々、
高野山に居る間というもの
自分という者が大切に扱われているように感じた。
伊勢神宮や神宮関連の神社では感じたことのない体験だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.