【その10】心の旅 May 3, 2013

15:30になっていたので、いつもの自分ならば
宿に戻ってゆっくり、と言ったところだけれど、
奥の院だけはどうしても行きたかった。
けれど、バスの時刻表を見たら
行ってしまったばかりのようなので、歩いていく事にした。
結構距離があるので、途中ヘロヘロになりつつも歩いた。
しかし不思議な事に、奥の院の入り口からは、全く疲れを感じなくなった。

6cddbe3c2849c9ea128935f489e9e036

途中、お坊様達が列も乱さず、一心不乱に歩いているところに遭遇する。
今日「いのちを観じる」のイベントで聞いた、修行中のお坊様達の
奥の院からの帰りなんだと分かり、思わず手を合わせてしまった。
修行中の方にカメラは向けられなかった。

奥の院

奥の院2

弘法大師様に祈りを捧げる事が出来て嬉しかった。
そして、とにかくやる時が来た、やらなければならないと感じた。

そんな事を思いながら、バス停まで戻って
会社用のお土産を購入して、バスに乗って宿坊に戻った。

お坊さんが丁度片付けをしているところで「お帰りなさいませ」と
声をかけて下さった。
今日は最終日なので一番高いお部屋。
やはり高いだけあって、洗面所とお手洗が付いていたのと
部屋も二部屋あってマッサージチェアなんかも置いてあった(笑)

宿坊

スポンサーリンク

宿坊2

宿坊3

そういえば今日は一日忙しく、お昼も食べられなかったけれど
全くお腹は減っていなかった。
そういう日に限って、部屋の値段に伴い夕食は豪華で(爆)
しかし出されたものは全て食べなくては、と思い完食。

宿坊ご飯

宿坊ご飯2

いつもお食事とお布団を準備下さっていたお坊さんが
布団を敷きに来てくれたときに
高野山にも24時間営業のファミリーマートが出来るかも?とか
高野山には電柱がない話、高野山にスナックがある話、など話してくれた。

馴れ馴れしくもなく、かといってビジネスライクでもない、
こういう感覚好きだなぁ、って思った。

明日はいよいよ東京に戻る訳だけれど
やっと戻れる、という感覚と
戻りたくないなぁ、という感覚があって。

とにかく高野山には来て良かったって思えた。
本当に心が癒された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.