知らない方が幸せかもしれないけれど、考えて欲しいこと

旅行に行って、民宿のお母さん手作りのごはんを頂くと、何故か普通のごはんのハズなのにとっても美味しく感じました。

空気や水が美味しいからと言う理由もあるけれど、やはり手作りのモノというのは、今の時代はとても贅沢なものになっているような気がしてならないのです。

奈良駅で時間があったので、マックスバリューというスーパーに入り、どんなものが売っているかを見ました。そしてうどんが一玉25円という価格で売られている事にびっくりしたと同時に、この商品の原価は幾らなんだろう?そして、これはどんな風に作られているのだろうと、想像してしまいました。

スポンサーリンク

これだけ価格が安いという事は、原材料大量仕入れで、大量に生産・販売されているからこの価格にできるのだ、という風にも思えるのですが、頭の片隅には、昔テレビで見た、○○の作られる工場に潜入!と言う番組が思い起こされました。ベルトコンベアに流されている食品が、食べ物って言うより工業製品のようだ、と思った記憶があります。

自分の身体が何によって作られているかといえば、もちろん日々の食べ物です。その身体を作る食べ物が、どんな風に作られているものなのか、と考えてみれば、自ずから食べるものは分かってきますよね?

気になる人はネットで調べてみると良いと思います。どんなものが自分が食べようとしている食べものの中に入っているのか、ということを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.