【その1】伏見稲荷大社に行ってきた

201412-1伏見稲荷1

旅行最終日。

今回の旅の大トリは伏見稲荷大社。

神社めぐりを始めた頃は、お稲荷さんは苦手だったけれども、いろいろな神社にお伺いしているうちに、お稲荷さんでも良いところと悪いところというものがあることを知り(→まぁこれは全ての神社仏閣に言えることなんだけれども)、そしてお稲荷さんのことを調べているうちに出会った『霊能一代』という本を読んで、2014年中に伏見稲荷大社にお伺い出来ればいいな、と思っていた。

スポンサーリンク

朝8時前に伏見稲荷大社に到着。

201412-1伏見稲荷3

201412-1伏見稲荷2

朝8時前だから、人はそんなに居ないんじゃないかと思っていたけれど甘かった。

トリップアドバイザーで「外国人が行ってよかった京都の観光地No.1」というものに選ばれたということもあってか、参拝客ー特に外国人観光客が多かった。

201412-1伏見稲荷4

201412-1伏見稲荷5

参道を歩いていても、朝からテンションの高い外国人観光客が記念撮影している場面ばかりに出会った。。。

何か思ってたのと違う、、、と思いつつ歩みを進める。

201412-1伏見稲荷6

手水舎

201412-1伏見稲荷7

201412-1伏見稲荷8

201412-1伏見稲荷9

201412-1伏見稲荷10

本殿前には、様々な企業からのお供え物が。

201412-1伏見稲荷11

201412-1伏見稲荷13

201412-1伏見稲荷14

これらの数だけ、ご神徳があらたかということなんでしょう。

201412-1伏見稲荷15

本殿

201412-1伏見稲荷16

こちらにお招き頂いたことに感謝して、お参りさせていただいた。

その後、お守り等授与所に行って御朱印を頂戴したけれど、朝8時台ということもあってか、書置きのものになるということだった。御朱印帳も販売されていたけれど、伏見稲荷大社オリジナルというものではなく、無地のものを販売されているということだった。

気を取り直して、境内を巡る。

201412-1伏見稲荷17

201412-1伏見稲荷18

201412-1伏見稲荷19

201412-1伏見稲荷20

201412-1伏見稲荷21

201412-1伏見稲荷22

外人さんたちが至る所で記念撮影していて、自分自身が写りこまないようにするのが大変だった。。。

201412-1伏見稲荷23

なんか、神社にお伺いしているというよりは、アミューズメントパークに来てしまったかのような感覚を覚えた。

もっと朝早い時間か、夜遅い時間に来れば良かったのかしらん?と思いつつ、歩みを進める。

201412-1伏見稲荷24

お参りしている人をほとんど見かけない。。。

201412-1伏見稲荷25

201412-1伏見稲荷26

そして、伏見稲荷大社一番の撮影スポット(爆)の千本鳥居へと向かった。

神社って信仰の場所なんだよね、と思いつつ。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.