豊川稲荷のきつねのおせんべい

Old Fox Man
photo credit: JapanDave via photopin cc

『日本の古社 伏見稲荷』という本を読んでいたら、稲荷詣のおみやげの定番といえば「きつねせんべい」という記述があった。

その名のとおり、狐面をそのまま煎餅に焼き上げたもの、ということで、伏見稲荷に行く機会があれば、是非ともゲットしたい品物だわーと思っていた。

私お土産物って大好きなんです(笑)

旅先でお土産屋さんを見ると、ついついイロイロゲットしてしまい、散在してしまうクセがございまして(トホホ)

先日お伺いした、豊川稲荷東京別院のお茶屋さんでも、愛知県の豊川稲荷 本山付近で販売されているお土産類がゲットできる。

以前「豊川稲荷名物・手焼・いなり巻」というものを購入したけれど、先日はこちらのおせんべいを頂いた。

じゃーん

DSCF6258

ちなみに外装はこんなカンジ
DSCF6257

商売繁盛という包装紙が素敵すぎる(笑)

スポンサーリンク

きつねさん達の表情も可愛らしい

DSCF6260

DSCF6259

もったいなくて、まだ食べていないけれど、お稲荷さんがキライな人以外には、結構受けるお土産なんじゃないかしらん?などと思ったのでした。

豊川稲荷にも行ってみたいなーって、最近、どこか遠くに行きたいモードになっているらしい、私(笑)

クラブツーリズムをチェックしてみたら、伊勢神宮と豊川稲荷と熱田神宮に行くバスツアーとかあって、超気になっている今日この頃なのでした(爆)一泊二日で¥20,000以下ってすごいよねぇ。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.