【その2】に・さ・ご April 29, 2013

外宮を後にして、月夜見宮に移動。

月夜見宮までの道はいつも静か。
神路通り

ここは観光バスで乗り付けてくるツアー客など来ない場所なので
外宮から徒歩5分くらいなのに、参拝客はほとんど来ない場所。
何となく落ち着く。
月夜見宮

お礼参りをして、お昼を駅近くのファミレスで済ませ(笑)
バス停でバスを待つ。

時間的にCANバスも普通のバスも来るような時間だったので
CANバスが来たら二見へ、内宮行きのバスだったら内宮へ、と
心の中で決めておいたら、内宮行きのバスだったのでそれに乗り
とりあえず猿田彦神社へ行く。
猿田彦神社

しかし浮ついた空気しか感じないのよね。ここっていつも。
椿大神社の方がビリビリ感じるのです。同じ猿田彦さまでも。

おかげ横町をプラプラして内宮に戻り、14:00から始まるお神楽の場所取りして
日に焼けながらもお神楽を鑑賞したけれど、回りのおしゃべりの声が大きくて
お神楽を鑑賞するという世界とは別世界(笑)

スポンサーリンク

けれども胡蝶を舞っている巫女さん達はとっても愛らしく
思わず何枚もシャッターを切っていた。

胡蝶
お神楽鑑賞後、神宮会館へチェックイン。
いつも15:00過ぎにチェックインしてそのまま大浴場に入るのが好きだったけれど
(そんな時間にお風呂に入る人が居なかったから)
今回はおばちゃんの集団がどやどや入って来た。。。
おばちゃん達は好き勝手に振る舞い、ストレッチ始めたりやりたい放題。
とほほ、と思いつつ、お風呂を出て夕食まで部屋でまったりして
18:00になったので夕食の会場へと向った。

最初宿泊した時には気付かなかったけれど、席においてある名札の端っこに
ちいさく、「に」「さ」「ご」とひらかなが書いてある。それは食事の値段で
「に」は2,500円のコース
「さ」は3,500円のコース
「ご」は5,500円のコース、と言う意味。
席も「に」はドアに近く、「さ」や「ご」になるにつれて窓際の席に座れる。
まぁどうでも良い情報ですが(爆)

今回初日は「さ」だったけれど、明日の食事を「ご」で予約していたので
窓際の席に案内された。
「さ」には肉(といっても神宮会館で提供される肉は鶏肉)がほぼ使用されて
おらず、サカナ中心のメニューだったので、
私としてはありがたかった(肉ほとんど食さないので)

食事を終えて売店を冷やかしていたら
浅見帆帆子さんと言う人が書いた伊勢神宮についての本が売っていた。
今までこういった本が神宮会館の売店に並んでいた事が
なかったので、何だか不思議な気がしてならなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.